今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2010年07月

正念場

53e34822.JPGいつも全力なんて無理です。
体がもたないでしょ。
でも、いざココって時、人には“今こそ正念場”って時がある。
その時に本当に頑張れるが、踏ん張れるかですよ。
その正念場を見逃しちゃダメ!
相馬雪香


咢堂塾
相馬雪香さんの50の言葉

深く深く掘り下げる。

72485c12.jpg
 「穴は深く掘れ。直径は自ずから広がる」

穴を深く掘れとは、
仕事を一所懸命深掘りすることだ。
ひとつの事に精通し、プロになること。

そして、深くなればなるほど直径は広がっていく。
この直径は人の輪、交流だ。


松尾新吾:九州電力会長

謙虚

32b19fc8.jpg鈍感とは、妥協、満足、限定、
全て現状維持から出てくる言葉だ。
だから、気がつかない、気にならない。

謙虚であれば、色んなものに気がつく。
謙虚さが一流に導く根源だ。

問題解決

4b6b032a.jpg問題に対して対処の仕方は二通りある。

   「解消」と「解決」

問題を解消するとは、
何でもかんでも無条件で肯定すること。
すなわち、最初から問題は何もなかったということ。
   
経営者としての道を選ぶならば、
解消ではなく「解決」を選ばなければならない。


人として幸せに生きる方法

e4d64995.jpg王様であろうと百姓であろうと、
己の家庭で平和を見出す者が一番幸福な人間である。

ゲーテ

坐忘

e9f19c83.jpg「坐忘(ざぼう)」

新しいものを取り入れるためには、
まず古いものを捨てなければならない。

古いものを捨てて場所を空けないと、
新しいものは入らない。

成長

f2451269.JPG他人を攻める前に、自分の心の眼で、自分自身をもう一度見つめ直す。
素直な心で。
静かな気持ちで。
すると、相手の素晴らしさ、自分のいたらなさが見えてくるもんです。
その時に初めて、人って成長するんですよ。
相馬雪香


咢堂塾
相馬雪香さんの50の言葉

些細なこと

f6783853.jpgわずかなことが
  われわれを慰めるのは、

わずかなことが
  われわれを悩ますからだ。

現状維持

504db1e4.jpg人間は、
進歩か退歩かの何れかであって、その中間はない。

現状維持と思うのは、
じつは退歩している証拠である。
 
森信三

事業計画

9634df6c.jpgまずビジョンを作る。
みんなの想いをビジョンとして表すのだ。

ビジョンがあってこそ、
戦略があり、
戦術になり、
計画を作る。

実力

3852ef7a.jpg実力がつけば、想いは達成できるという。

では、実力とは何か?

私は前に出る勇気だと思う。

時間

4edcef3a.jpg時間は誰にでも同じく等分に過ぎない。
しかし、時間の流れが速くなったり緩んだり感じる。
時間を真剣に考えれば、時間そのものはひどく不安定に感じる。

時間を活用するとは、
時間を論理的に考えることと同じように、
「良い時間」「嬉しい時間」などと、
時間感覚をも研ぎ澄まさなければならないと思う。



真珠屋のだんなのひとり言

お互い様

89031149.JPG困っている人を助けたいと思う気持ちに、国も宗教も関係ないし、そこに難しい理屈なんてないですよ。
“困った時はお互い様”って、ただそれだけのことです。
相馬雪香


咢堂塾
相馬雪香さんの50の言葉

経済感情論

6bf5f128.jpg
「経済とは同情である」

アダム・スミス

経済とは人を豊かにすることであり、
人への情けである。

情報

e1ae1465.jpg情報は社内で、
共有するものではない。

活用するものだ。

友人

1eb63910.jpg怠け者だったら、友達を作れ。
友達がなければ、怠けるな。


Samuel Johnson

不平不満

22f45ab7.jpgつらいこともさぞ多いでせうが、
つらい分だけ楽しいこともあるはずですヨ。

つらいことばかりが気になって、
楽しいことを忘れてしまはないやうにネ。
不平不満の正體はソレですから。



終らざる夏 上330P

先駆者

aedea60b.jpgまるで針の頭に糸を通すように、
息を詰め、信念を忘れず、
持てる力の全てを振り絞って、
不可能な未来を実現してきた、
先人を敬う。


敬う:うやまう
 人や神仏を尊いものと考え、それを行動や態度に表す。

国の未来

d226f8dd.JPG議員の皆さんにゃ、悪いけど、政治家なんかに任せちゃいられない。
私たちがやんなきゃ。
この国を生かすも殺すも国民次第ですよ。
私たち一人ひとりが自らの責任を自覚して、行動しなきゃ、この国に未来は無いです。

相馬雪香


咢堂塾
相馬雪香さんの50の言葉

失敗の公式

f31d2009.jpg「やればできる」、「やるべきだ」、
しかし、そして・・・・・・・
「やらない」
「やらないだろう」と。

つまり、
“やらない”は、あなたの不注意を意味していて、
“やらないだろう”は頑固を意味している。
どちらも不幸を意味している。

しかし、大丈夫だ。
公式さえ分かれば、違う方法で答えを導き出せば良い。

a0cf2012.jpg誰でも出来ることではなく、
自分に出来ないことでもなく、
自分にしか出来ないことを探すこと。

大好きなことを徹底的に追求していくこと。
生半可じゃなく、誰にも負けないほどにだ。

まず「なぜ?」と疑問に思う。

17e308cb.jpg“なぜ”と問うて、
     それを教えられて、
その教えを素直に自分で考えて、

さらに、
なぜ”と問い返して、
そして日一日と成長してゆく。

素直

39a42f84.jpg素直で謙虚で、
しかも創意工夫に富む人は、
毎日が明るく、毎日が元気。


道をひらく

素直

86e5a886.jpg素直さを失ったとき、
逆境は卑屈(ひくつ)を生み、
順境は自惚れ(うぬぼれ)を生む。



「道をひらく」

オグリキャップからの贈り物

2010年7月3日

朝から激しい風雨に心がざわめき、手元に残っている仕事を横において仁川を目指す。
何を思ったのか?早朝にも拘らず競馬場に足が向かっていた。
阪神競馬場に赴くのも2年振りか?

久しぶりの競馬場はユーミンの歌じゃないが「左側に見える競馬場♪」とワクワクする雰囲気を醸し出している。
雨に濡れたターフはキラキラと輝き、躍動感あふれる若駒は初夏の芝生の上を飛ぶように駆け抜けていた。
そんな楽しみの中、競馬場に旋風のようにオグリキャップの訃報が齎された。

親しみ易いネーミングと共に、レース序盤には後方に位置し、ゴール直線ではあれよあれよという間に先頭に立ち、風のようにゴール板を駆け抜ける圧倒的な走りは涙と共に記憶に蘇る。
1600Mの距離を得意とする馬ではあるが、天皇賞など重賞の距離もきっちりと鼻差で勝利を収め、騎手にして「勝手に馬が走った」と言わしめた駿馬であった。

そのオグリキャップは笠松競馬場という、日本の競馬会に於いて「地方」と呼ばれる競馬場に所属していた。
産まれた当初から病弱で、出生直後はなかなか自力で立ち上がることができず、牧場関係者が抱きかかえて初乳を飲ませたという。
当時、管理を任されていた稲葉牧場場長の稲葉不奈男は障害を抱えた仔馬が無事に成長するよう願いを込め血統名を「ハツラツ」と名づけた。

「ハツラツ」と幼名を付けられたオグリキャップは、その後大切に育てられ、地方で着実に成績を上げて中央競馬から注目をもされるようになる。
人間も同じで、田舎(地方)で幾ら良い成績を上げても都会で活躍するというのは難しい。
その難しいことをオグリキャップは全身全霊をかけて走りぬけ、勝ち続けることにより「諦めるな」と教え続けてくれた。
スタートは上手に出るのだが、レース中盤までは後方に位置し、あっ”もうダメだ!と何度思ったことだろうか。
もう無理だ!届かない!と結論を下した頭には、目の前の映像が理解が出来ない。ものすごい勢いで馬群をかき分けオグリキャップが駆け上がってくるのだ。
先頭集団の馬群がスローモーションのようにゴール前を駆け抜けるその瞬間には鼻を切ってオグリキャップがトップに居た。

地方から出てきて、何度も何度も挫折しそうな時に先頭に立つオグリキャップがいた。
確かにそこには鼻息の荒いオグリキャップがいた。

馬主が変わる、騎手が変わる、さらにはハードスケジュールで故障を発症しても走り続けたオグリキャップ。
どんな環境におかれても全力を尽くして頑張れと、わたしにエールを呉れた。

足に故障を抱え続けた一生だった。そして最後は自ずから足を滑らせての右後ろ足骨折。
走ることが命の競走馬なのに、ずーと足の故障続きだったね。
よくやった。良く走り抜けた。

オグリキャップよ安らかに眠ってください。そしてありがとう!。

おおらか

5cc9290e.JPG今はもう、海外にもあっと言う間に行けるし、地球の裏側で起きていることだってすぐわかっちゃう。
その意味で、世界は本当に狭くなりましたよ。
でも、だからこそ、人の心は、おおらかにならないといけない。
小さくなった世界で、お互いが狭い心でいたんじゃ、そりゃあ争いごとが起きますよ。

相馬雪香

咢堂塾
相馬雪香さんの50の言葉

素直

f03a6bc1.jpg
素直さは人を強く正しく聡明にする。


「道をひらく」

5点

9fa2612a.jpg自分の最高の状態が100点だとすると、
今の状態は何点?
いつもが良い状態じゃないと思うが、少しでも笑顔でいたい。

もし、今の状態から5点UPしようと考えたなら
どんな行動を取る?

早起き。
部屋の掃除。
大きな声での挨拶。
落ちているゴミを拾う。
花を活ける。

今日、今すぐ、出来ることから始めよう。



過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ