今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2010年06月

ゴミ

例えばゴミが落ちていると、
「神様が自分を試している」と思う。

そうやって、
いつも神様が自分を見ていると思っている。


菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

692561b9.jpg人は・・・・・・・・
時間、空間、人間(じんかん)、
の三間を離れてこの世に存在することはできない。

間を意識し始めると、人の道がわかり始める。


一生懸命頑張るのも良いが、頑張るだけじゃ人生を狭めるよ。

リスク

9cfa0798.jpgチャレンジを選択しないリスクが一番の問題。

目の前の壁は、乗り越えるか、ぶっ壊すか、迂回もする。

リスクがあっても、結果を出す習慣を身に付ける。

海からの贈り物 パール倶楽部008

                         http://pearl.ne.jp/
□■□★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━
「海からの贈り物ー岩城真珠」
   メールマガジン 008号
□■□★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━
              2010年 6月23日


「ぼんやりの時間」辰濃和男 岩波新書

著者の辰濃和男は、1975年から1988年の13年間朝日新聞の「天声人語」を担当し、日本エッセイスト・クラブの理事長を歴任した経歴を持つ。
新聞社と言うせわしい職場にいても、彼の心の中には常に一本の小さな蝋燭の炎が燃え続けていたという。
それは「ぼんやりをたのしむ炎」だったと辰濃は言う。

締め切りに追われ、あと三十分、あと十分、あと五分、と言う状態に追い込まれるのはごく普通のことだったし、少し長いものを書く時は、徹夜、半徹夜のつづくことが再三だった。
然しながら、あわただしい歳月の中でも「ぼんやりをたのしむ炎」を大事にしてきたと。どんなにせわしい日々でも「ゆとり」とか「余裕」とかいうものは心のうちに大切に仕舞っておきたいと言う気持ちだけはあったと。

現代では「ぼんやり」という言葉に否定的な意味合いが強く、それをわかった上であえて辰濃は「ぼんやり」が生み出すプラスな要素を指し、「ぼんやりと過ごす時間は、貴い!」と主張する。

横断歩道でぼーっとしているのは人命にかかわるし、入学試験や入社試験でぼやーっとしてしまう質(たち)の人はどうしても不利になるが、然しながら、ぼんやりを「よからぬことだ」だと決め付けてしまうのもおかしい。
実際には、プラスになるぼんやりが沢山ある、生きる糧を与えてくれる、ごく大切なぼんやりもあるはずだ。

ミヒャエル・エンデの傑作「モモ」の主人公は「ぼんやりしている時間」を大切にする少女だ。
エンデのその作品は、時間泥棒の「灰色の紳士たち」が、人々から「時間」を奪っていく物語だ。むだだと思われる時間を奪われた人々の暮らしはどうなるか。それが「モモ」の主題だ。

ぼやーっとしている時間はそれこそ、むだそのものだ。効率至上主義者はそう言うだろう。むだな時間を幾ら重ねても何の稼ぎにもならない。
灰色の紳士たち、つまり時間泥棒たちは、人々の心に忍び込んでは「むだな時間を節約し、その分を『時間貯蓄銀行』に預けなさい」と誘う。
銀行に預けられた時間は、すべて灰色の紳士たちが生存するために使われてしまう。いわば詐欺そのものなのだが、人々は詐欺とは気がつかず、せっせとむだな時間を削っては、その分、自分たちの生活を貧しくしてゆく。

モモは、何処からかふらりとその地にやってきた少女だった。土地の人たちの好意で、古い円形劇場跡の一角に住まわせてもらうようになる。少女は、夜空を眺め、夜空の発する「荘厳なしずけさ」をひたすら聴くのが好きだった。
モモにとっては、このぼんやりの時間はけしてむだな時間ではない。宇宙の静寂の中で時を過ごすと言うのは、モモがモモらしく生きるための、大切な時間だった。夜空を眺める時間を持つことで、モモは「荘厳なしずけさ」を感ずることが出来たし、何よりもそう言う時間を持つことで、曇りのない目を持つことが出来、灰色の紳士たちのインチキを見破ることが出来るのだった。

かなしいことに、私たち現代人は、夜空をしみじみと仰ぐ習性からしだいに遠ざかっている。利潤とか、効率とか、管理とか、豪華さとか、スピードとか、そういうものを生活の拠り所とする人々が増え、夜空を眺めるなんて無駄なことだ、と思う人が増えてきた。
しかし、そのむだは本当にむだなことなのか。そういうむだがあるからこそ、生活はむしろ、ゆたかなものになっているのではないかと著者は問いかける。

辰濃は3章で、「ぼんやり」と響き合う一文字、として次の5文字を挙げた。
「闇」----蛍と星とダークマター
「独」----独りでいること
「閑」----逆茂木に囲まれて
「怠」----「一日四時間労働」の夢
「懶」----心の余白

その中の「独」でアン・モロウ・リンドバークの「海からの贈り物」を取りあげた。そう、岩城真珠の大切なキャッチフレーズはリンドバークの書籍から借り受けたのだ。
私の生まれた年(1955年)に刊行された本なので約55年も前の書籍になる。

リンドバークはしばらく家族と別れて浜辺の別荘に来ている。海での独り暮らしは快適なものだった。
「夜は浜辺に出て、星の下で、ひとりで横たわっていた。ひとりで朝の食事の用意をし、桟橋で私が投げる餌を鴎がくわえては舞い上がり、また水面をめがけて舞い降りてくるのを、ひとりで眺めていた。」

女性であるリンドバークは「女性がひとりであること」の大切さをしきりに説いている。
「女は特に、一年のある時期、また毎週、毎日の一部を、ひとりで過ごすべきだと思う。(中略)働く者には、いかに薄給でも、毎週一回の休みと、一年に一度の休暇が与えられる。概して母親と主婦は、定期的な休暇のない労働者なのである。つまり彼女たちは大量の無休階級なのであるが(後略)」
リンドバークは女性の抱えている家事や雑事のすさまじさを承知しているから独りになること、「女には内なる静寂が必要である」と主張している。その理由を辰濃は以下の文章で表現をしている。

人はたくさんの人びとの力に支えられて生きている。
私たちはそれを体験で知るようになる。
同時に人は、独りで生きている。
たくさんの人びとの力に支えられながら、同時に独りで生きている。
それは矛盾することではない。
人に支えられていると言うことへの感謝と、独りで生きる自立の決意、もしくは勇気は、矛盾しない。

このように「ぼんやり」を紐解くと、今の私たちに特に必要なものなのかもしれない。
最後に「ぼんやり」のことを簡潔に「あとがき」にまとめてありました。
    「動、働、がんばり」
    「静、休、ぼんやり」と。

著者の辰濃が二十代の最後の年、T社会部部長に呼び出されて「南太平洋に行って来い。タヒチとかあっちの方だ」と大雑把な指示の元、東サモア、タヒチ、フィージーに赴任したのが1959年だった。
戦場や人種暴動、難民キャンプなど多々な風景を見てきた辰濃がいまでもたった一つの風景を選ぶ際には南太平洋で見た「若緑色の礁湖(しょうこ)」ラグーンを選ぶと言う。
辰濃の「ぼんやり」は黒真珠のふるさとタヒチの海によって、育まれたのだろうか。

昭和の時代を振り返ると、辰濃が赴任して、その3年後の1961年に室井忠六がフレンチポリネシア政府水産局長の招聘によりヒクエル島に赴き、約一年後に黒真珠の養殖を成功させた。
ひょっとしたら、黒真珠養殖成功のニュース原稿を書いたのが、朝日新聞社の辰濃和男だったのかもしれない。

━……‥‥・‥‥……━━……‥‥・‥‥……━━
今回は「ブラック&ゴールド」を特別価格でご紹介
┏┏┏┏───────────────────
20年分の感謝をネックレス込めて
黒真珠とゴールド黒真珠ネックレス特集
                   ┏┏
スペシャルコレクション 厳選 1点限り┏┏┏
___________________┏┏┏┏
http://www.pearl.ne.jp/event/2010_premium_blackgold.html
http://www.pearl.ne.jp/formal_pearl_necklace/NB101DS0TI053112SV.html
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

パールクラブ(メルマガ)は「海からの贈り物ー岩城真珠」でお買い物をされたお客様へ、その後のご挨拶を兼ねてお送りしております。
また、ホームページ上のメルマガお申込を頂いた方や、岩城や山本の親しい友人にもお届けしております。
ネックレスの糸換えやリフォームに関するお悩みなどありましたら、お気軽にフリーダイヤルや問合せフォームからご連絡くださいませ。
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
--------------------------------------------------------------
海からの贈り物ー岩城真珠      発行者:岩城達夫   
真珠運営会社 有限会社岩城真珠   システム運営 ITY株式会社
●URL:http://pearl.ne.jp     ●URL:http://www.ity.jp/
お問い合わせ受付時間:平日10:00〜18:00

次回配信「Pearl Club」は、2010年7月6日(火)「サラダ記念日」の予定です。




正しさ

afa90c03.JPG“誰が正しいかではなく、何が正しいか”をしっかり考えなきゃダメですよ。
親だって、教師だって、間違うんだから。
お偉いさんが言ったから、それが正しいなんて思っちゃダメ。
何が正しいか、それを判断するのは自分の良心です。
自分の良心の中に、善悪の標準をしっかりと持っとくことが大切です。
相馬雪香


咢堂塾

相馬雪香さんの50の言葉

心構え

9c13353d.JPG背負わなければならないことに直面したときには、
戦う前からそれに負けてしまわないことだ。

そういう心構えのうえに、
人は全力を発揮することができるだろう


岡田武史(サッカー日本代表監督)

独り

03f946a6.JPG人はたくさんの人びとの力に支えられて生きている。
私たちはそれを体験で知るようになる。

同時に人は、独りで生きている。
たくさんの人びとの力に支えられながら、同時に独りで生きている。
それは矛盾することではない。

人に支えられていると言うことへの感謝と、
独りで生きる自立の決意、もしくは勇気は、矛盾しない。

チャンス

205c8e54.JPGチャンスを生かせ。 
人生はチャンスが満ちあふれている。
 
普通、成功する人はチャンスを生かそうとする人だ。


Take a chance ! All life is a chance.
The man who goes the farthest is generally the one who is willing to do and dare.

b37d8f29.JPG夜雨 草庵の裡 
双脚 等間に伸ばす

庵の外では雨が降っているが、
こんな日は、二本の足を伸ばして、
雨の音を聞くのもよかろう。
「じょんのび」の薦め(心豊かにのびのびする)



生涯懶立身 騰々任天眞 嚢中三升米 爐邊一束薪
誰問迷悟跡 何知名利塵 夜雨草庵裡 雙脚等間伸

良寛

会話

9e43bfeb.JPG話とは話しをしていない時が大事。

話し上手な人は、間の取り方がうまい。

自分を変える

8f6fc19f.JPG自分を変えるのが大変?
自分が変わっていくことで世の中が変わる。
自分が良くなることが、世界を良くしていくことに繋がってるって思えば、自分を変えるなんて簡単なことでしょ?
相馬雪香

咢堂塾
相馬雪香さんの50の言葉

答え方

ed7d0dbe.JPG

雪が解けると…何になる?

 
この問題には単純に二通りの回答がある。

一つは「水になる」

もう一つは「春になる」と言うものです。

柔軟な発想は、このような問いかけから生まれるものなのです。

約束

d0027153.JPG守られなかった約束の殆どが、約束の仕方が不十分で起こる。

約束を交わすときは、日付と成果をハッキリと確認しあうこと。

何だろう?

10d85135.JPG
全ての成長は、新しい質問から始まる。


All growth in life comes from asking a new question.

深刻になってない?

e71f4be1.JPG真剣に物事に取り組んでいると、
いつの間にか深刻に陥っている場合がある。

物事は、
深刻になりすぎると、何も出来なくなる。

「真剣」と「深刻」の違いは難だろう?って考えるだけで、こころと体が軽くなるよ。

偶然

cbbd5921.JPGヒット商品に偶然なんてありえない。

そこには生産、開発、営業、宣伝・・・・
たずさわる全ての人の執念と信念がある。

長生きの秘訣

00ead5f0.JPGお疲れ様ってよく言われるけど、疲れたかどうかは自分で決めることでしょ。
他人(ひと)に言われたくないの。
自分のやりたいこと、それが人の役に立って、やりがいのあることだったら、どんなに体が疲れても、気持ちが爽やかでいられる。
これ、長生きの秘訣ね。
相馬雪香



咢堂塾

相馬雪香さんの50の言葉

選択

62844669.JPG「この目標、やめない?」と自分自身に聞いてみる。

(目標は変えても捨てても、そのまま持ち続けてもいい。)

チャレンジ

a22b9a78.JPG
一生に何回後悔できるだろう。

自ずから動く

1b03bcdd.JPGもし、なすべき事あれば、
すなはちおのが身を使ふ

方丈記:鴨長明

フラワーアレンジ

e58d703a.JPG花はそもそも美しい。
作ろうとするな。
あるがままの姿を活かせ。
そこから自然と何かが生まれる。

フラワーアーチスト:Michael George

深呼吸

716ea657.JPG深呼吸は息を吐くことに重きを置く。

吐いて、吐いて、さらに吐く。
細く長く吐ききるまで吐く。

座っていても、立っていても、
     深呼吸のやり方は変わらない。
全てを吐き出すことから始まる。

パールクラブ ー メールマガジン007

                         http://pearl.ne.jp/
□■□★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★□
  「海からの贈り物ー岩城真珠」 メールマガジン 007号
□■□★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★□
                         2010年 6月 4日


「真珠の耳飾りの少女」
      トレイシー・シュヴァリエ著・森下哲夫訳    白水社

17世紀を代表する画家としてオランダ人のヨハネス・フェルメールがいる。
著名であるにも拘らず、謎の多い画家であるフェルメールの作品は、疑問作も含めて30数点しか現存していない。
その作品群はどれもが写実的で、線密な空間構成と窓から差し込む光の質感がカンヴァスに登場する人物を生々しく浮かびあがらせる。オランダを代表するフェルメールの作品は人々の日常生活を描いた作品が多いのが特徴だ。

岩城が接したフェルメールの絵画はちょうど10作品。私の友人はその全作品を鑑賞する事を目的に世界の美術館を廻っていると言う。それほどまでに我々を魅了してやまないフェルメールの作品の中でも、描かれている少女の謎めいた雰囲気から「北方のモナリザ」とも呼ばれ人気の高い作品がある。

その、『真珠の耳飾りの少女』は、他の多くのフェルメール作品と異なり、描かれている少女に日常感や物語性がなく、無地の暗い背景に青い頭巾姿の上半身だけが描写されている。
44.5cm×39cmのカンヴァスに描かれた少女は、大きく目を開き、肩越しに振り向く、その半開きの唇からも何かを伝えようしているのか、言葉を飲み込んでいるのか?、観る者に問いかけをしているように感じる。
幾つかの美術館でも感じたことだが、フェルメールの絵画が展示されているその一角だけは明らかに空気の密度が違う。フェルメールの写実力は観る者を絵画の中に引き寄せる力があるのだ。

2000年に発表した小説『真珠の耳飾りの少女』(Girl With a Pearl Earring)は、それを原作に映画にもなり話題となった小説である。
舞台は1664年に始まる。オランダ西部の都市デルフトに暮らす裕福なフェルメール家を中心に、この一家の召し使いとして、フリートという控えめだが頭のいい少女が雇われたことで、さまざまな波紋がフェルメール家に生じていく。

召使フリートの芸術家としての才能を見抜いたフェルメールが、彼女の才能をより高めようとする一節がある。
 「窓の外を見てごらん」「あの雲は何色だろう?」
 「まあ、白でございます」
心持ち眉が持ち上がる。「そうかね?」
 「それから灰色でしょうか。雪になるかもしれません」
 「いいかねフリートや。お前ならもう少し何とかなるはずだよ。」
 「あの野菜を思い出してごらん」
 「あの野菜でございますか?」
 「同じ白い野菜でも、別々にしていたじゃないか。蕪と玉葱、
  あれは同じ白かね?」
突然、閃いた。
 「いえ、ちがいます。蕪には緑が混じっていて、玉葱には黄色が」
 「その通りだ。さあ、雲にはどんな色が見えるかね?」
 「少し青いところがございます」
 「それから・・・・黄色も。緑も見えます!」
旦那様が微笑む。
 「雲に混じりけのない白はほとんど無いのだよ。
  それなのにみな雲は白いと言う。」

フェルメールによって美的感覚の鋭さを認められ、絵の具の調合をまかされるようになるとフリートは主人と使用人の距離感を保ちながらも、主人への淡い思いを募らせ、ついに絵のモデルになる決意をする。
絶えず妊娠している嫉妬深い妻・カタリーナに発覚せぬよう絵を描きモデルを続ける二人はある瞬間、何かが足りないことに気づく。
フリートが先に気がつく。
 「光の粒!・・・・」
 「ほかの絵で旦那様が見る者の視線を捉えるために用いた光の粒・・・に気づいて、体に震えが走った。これで仕上がるだろう、そう思った」
しかし、それは召使として赦されない所為なのだった。その真珠の耳飾りこそが、嫉妬深いカタリーナの大切な持ち物だからだ。

真珠の反射する光の粒を求める画家の求めに応じて、耳朶に穴を開けたフリートは芸術に身を委ねながら少女から女性へ移り変わった。
小説を読み終えた後に、絵画の『真珠の耳飾りの少女』を再び観ると、昔の記憶が突然蘇った。
遠い昔、高校生時代に付き合ってた女の子との関係が気まずくなり、神宮の森を散歩中、わたしが背後から言葉を紡ごうとした瞬間、肩越しに振り向いた彼女の姿に見惚れて言葉を逸してしまった事があった。そうだ、確かにあった。
「僕は何を語ろうとしたのだろうか?」今も、甘酸っぱくも苦い思い出。
絵画の中の瞳と、記憶の中の当時の彼女の瞳が交錯して、無言で「何?」と今も問いかけてきている。


━……‥‥・‥‥……━━……‥‥・‥‥……━━……‥‥・‥‥……
    今回は「ブラック&ゴールド」を特別価格でご紹介
┏┏┏┏───────────────────────────
┏┏┏   20年分の感謝を真珠の輝きに込めて
┏┏       黒真珠とゴールド南洋真珠ネックレス特集   ┏
┏                             ┏┏
    スペシャルコレクション 厳選 1点限り      ┏┏┏
___________________________┏┏┏┏
http://www.pearl.ne.jp/event/2010_premium_blackgold.html
http://www.pearl.ne.jp/formal_pearl_necklace/NB101DS0TI053112SV.html

━……‥‥・‥‥……━━……‥‥・‥‥……━━……‥‥・‥‥……
上質のタヒチアンパール(黒真珠)が入荷しました。
毎年この時期は、新しい浜あげ珠がお目見えする時期ですが、今年は少し遅れそうです。
そんな訳でもないのですが、南洋真珠のペンダントが大変お得です。
  http://www.pearl.ne.jp/necklace/NMMIXPT1TI053104SV.html
真珠層の厚い「テリ」良い真珠の輝きは不思議です。
例えば黒真珠の「黒」は朝見るときの「黒」と夜見るときの「黒」が微妙に違う。例えばこちらのペンダントトップに使用している黒真珠は7色の輝きを持つピーコックカラーと呼ばれる黒真珠。↓↓
  http://www.pearl.ne.jp/necklace/NB110PT0TI053107KN.html
今回は光の変化で色々の顔を持つゴールドとブラックの大粒真珠を破格値でご紹介します。
各々一点限りの商品になりますので、売約済みの際はご了承下さい。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
ネックレスの糸換えやリフォームに関するお悩みなどありましたら、お気軽にお電話や問合せフォームからご連絡くださいませ。
 問合せ用URL:http://www.pearl.ne.jp/inquiry.html
メールマガジン解除URL:http://www.pearl.ne.jp/magazine_kaijo.html
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
------------------------------------------------------------------
 海からの贈り物ー岩城真珠     発行者:岩城達夫   
 真珠運営会社 有限会社岩城真珠  システム運営 ITY株式会社
  ●URL:http://pearl.ne.jp      ●URL:http://www.ity.jp/
 お問い合わせ受付時間:平日10:00〜18:00
  パールクラブ(メルマガ)専用アドレス:pearl-club@pearl.ne.jp
 532-0004 大阪市淀川区西宮原2-7-28 VIP新大阪209
      フリーダイヤル 0120−760−100
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
-----------------------------------------------------------------
最後までご覧くださりありがとうございました。
次回配信「Pearl Club」は、2010年6月21日(月)「夏至」の予定です。


メールマガジンのご購読のお願い。
現在読者数が少なく張り合いがありません(笑)
もっともっと多くの人に届けたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
http://www.pearl.ne.jp/magazine.html

理屈

dd189fc0.JPG本当に大切なことは、思いつきで言っちゃダメです。
何かを批判する時も、新しいことを提案する時も。
とにかく自分の頭の中でよく練って、理屈を考え抜いてから言葉にしなさい。
そして、言葉にしたら行動しなさい!

批判

8e6bdd35.JPG人として成長する人は、
       陰口を言われる側。
人として低迷する人は、
       陰口を言う側。

変わる

4f1995f4.JPG道の道とするべきは
  常の道に非(あら)ず


今日までやってきたことが明日も正しいとは限らない。
それくらい世の中は移り変わりが激しいのだから、
いつも新しい道を見つける努力をしなければならない。

道可道、非常道

伝える

f9a5ea5d.JPGコミュニケーションの決定権は相手にある。

「言ったはず」は、外れる。
「言ったつもり」でも、積もらない。

しっかり心を向けて、相手の立場になって考える。

オプティミスト

bf89b5e0.JPGどうしてペシミストになる必要があるの?
それで楽しいかい?

悩んでいないで、やってごらん。


Optimist ;楽観主義者
Pessimist;悲観主義者
過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ