今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

出逢い

出逢うべくして出逢う。
出逢いは新たな道を作る。
出逢いは新たな力を生み出す。

出逢いを大切にしたい。


1018
頬撫でる冷たい風が秋知らせ
【まどか】


















学び

明日死ぬかのように生きなさい。
永遠に生きるかのように学びなさい。

Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.

マハトマ・ガンディー



1017
雲伸ばす朝の空に見える青
【まどか】




















Will

「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである」

“Pessimism comes from our passions; optimism from the will.”

およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ 。
いずれにせよ、「あぁ大変だ〜」と思うか「何とかなる」と思うかの差は、
passion(気分)かwill(意志)の差。

アラン Alain



1016
雨音に起きる朝日がかぶる雲
【まどか】













ぬけさく

ぬ・け・さ・く、
子供時代から母によく言われていた言葉。
いや!大人になった今でも、笑顔で「ぬけさくがなぁ」と言われている。

「抜け作」とは、間抜けな人をあざけっていう言葉だ。

私の母は、よく考えなさいという意味で「抜け策」と言っていたんだろう。
そう思うようにしよう・・・・

話し言葉も漢字で書くと意味を持つ。


1013

おはようと窓から覗く跳ねる光
【まどか】












思い通りにならない。

人生、自分がこうなりたいと思っても、そうはなりません。
そんなものです。

思い通りにならないギャップを楽しむ。



1012

風撫でる木々に宿る秋の色
【まどか】


















瞬間的

人間はどこかに頭を使うことが高等で、体を使うことは下みたいな認識がある。
頭を使っているほうが利口そうに見えるとか、立場が上に見えるように。

しかし、その考えの中に入っているものって結構いやらしいものも多い。
人間は弱いものだから、欲とか損とか怖さとか不安とかずる賢さ、
そういうものが考えの中に入ってしまっている。
だから考え過ぎるって意外と良い結果に結びつかないことが多い。

体に正直に、考えずにパッと判断する。
私がいま一番大切にしたい生き方。



1009

朝色に染まる瓦に描く曇
【まどか】













長老のお言葉

金儲けは理屈ではなくて、実際である。
計画でなくて、努力である。
予算でなくて、結果である。

その秘伝はとなると、やっぱり根本的な心構えの問題となる。


1010

雨降りに
朝の飛ぶ鳥
前見据え
【まどか】 Paris






















見栄

「背伸びして視野を広げているうちに、背が伸びてしまうこともあり得る。
 それが人生の面白さである。」

城山三郎が言った言葉である。

若いころは見栄を張り、背伸びをした時もあった。
でも見栄を張るからこそ次の扉が開くと信じる。

等身大という言葉が世にはびこる時代だからこそ見栄を張りたいと思う。


1006

雨滲む
地面に落とす
朝の光
【まどか】 Paris













未来は楽しい

どうなるのか分からないこと。
予想ができないこと。
そういうことを「不安なこと」と捉えるか「期待」と捉えるか。

そのどちらを選ぶかによって、
私たちのまだ決まっていない未来は限りなく選んだことに近づく。

「不安」という道を選べば不安な方向に
「期待」という道を選べば期待の方向に

どちらを選んでも自由だし正解ですが、
一生に一度きりの人生ですから、自分に「期待」してみたいですよね。


1005

青空に
赤い屋根が
光る朝
【まどか】 Paris













幸せすぎて怖い

幸せ絶頂の時って何を考える?

マリッジブルーとの言葉があるように。
傍目から見たら幸せだと思っていても本人は不安の塊の時がある。

マリッジブルー、その原因を紐解くと
 「変化」に対する恐れ
 「本当にこの人でいいのか?」と思ってしまう
  結婚式の準備でのすれ違い
  自分が「損」するように感じてしまう
  絡んでくる家庭問題

目的達成した組織も似た問題がある。
特に今季上手く行きすぎた企業がおちいる罠だ。
  変化→新規事業・・・業績の足手まといとならないか怖い。
  来季の事業計画書・・・・本当にこれでいいの?
  周年記念に合わせたイベント・・・面倒
  利益配当の配分 ・・・・頑張った利益が流れていく
  人事      ・・・・人間関係は複雑

これらの解決方法としては(マリッジブルー用)
  あまり深刻に考えすぎない!
  パートナーとちゃんと向き合う
  考え方を変えてみる

とある。

もう一度!
幸せの絶頂期に何を考える?



1004

晴れた空
光り輝く
緑の色
【まどか】 Paris

















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ