今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

不安定

誰が言った言葉か定かではないのだが、ずっと頭の中に潜んでいた言葉があった。

「人生において、安定など存在しない。
 あるのはチャンスだけだ。」

安定は存在しないんだと、自分に言い聞かせてきた。
しかし、40歳を過ぎると何につけ億劫になってくる。
ちょっとしたことでも面倒だと・・・・・

そんな時こそ不安定に慣れないといけない。
靴下、髪型、家具の配置、読む本、駅までの道順、食べ物。何でも良い。
毎日ひとつ、意識的に「変化」をつけよう。

きっと毎日が楽しくなってくる。


0319

雨の音
春を連れて草木揺らす
【まどか】









本日の逸品 ネコちゃんペンダント



基本

経営には基本がある。
それなのに自分の直感を感性だとか称して本能で物事を選択する経営者が多い。

自然界のルールがあるように、ビジネスも正しく行動すればうまく行くようになっている。
「お客様は商品やサービスを買う」ということ。
ピーター・ドラッカーの言葉を借りれば、いかにお客様に気に入ってもらえる独自の商品やサービスを創れるかどうかだ。

お客様の身になって商品やサービスを見る。
組織や自分の都合で物事を考えていたら基本からどんどん離れてしまう。
そのことを忘れてはならない。


0316

桜の木
知らぬ間に春支度
【まどか】













本日の逸品 






夢の共有

伸びる会社は「夢」を共有している。
それに対して問題を抱えている会社は「危機感」を共有しようとしている。
若しくは危機感を、下の者に持たす上司がいる。

売り上げが、前年比で毎年15%の伸びがあれば、5年で二倍になる。
わたしは、この前年比15%の伸びが夢の共有のご褒美だと考えてます。

「今はダメだけど将来は良くなる」この言葉は嘘だと思う、
「今も善いけど将来はもっと良くなる」が本当の夢の共有だと思います。
伸びる会社の共通点だと考えます。

夢を持ち、働く喜びを持つ会社が増えれば、日本はもっともっと善くなると信じてます。


0315

キラキラと
葉っぱが光る朝の道
【まどか】











本日の逸品 クリーム系準花珠真珠ネックレス


仕事

今からおよそ100年前にフランスの彫刻家、オーギュストロダンは亡くなった。
近代彫刻の父と称される彼は、最愛の妻ローズとの生活の為に室内装飾の職人を続けながら次の道を模索していた。
苦労していたのだと思うが、そんな彼が言葉を残している。

  仕事は生活の方便ではない。生活の目的である。
  働くということが、人生の価値であり、
  人生の歓喜であり、人生の幸福なのである。

またこんな苦言も述べている。

  現代人の欠点は、自分の仕事に愛と誇りを持っていないことである。
  多くの人が仕事を必要悪、のろうべき苦役と考えている。

仕事と人生は一つ。
人生を離れた仕事はない、仕事をはなれて人生はない。


0314

そろそろと
春の顔が開く木々
【まどか】














本日の逸品 南洋白蝶真珠ペンダントトップ









真似ぶ

学ぶの本質は何かと問えば、言われた通りにできる、すなわちモノマネがうまいということです。
まなぶ=まねぶ です。
漢字では「真似ぶ」と書きます。

学ぶとは要するに自分で考えずに真似るだけ。
そこには創造性などない。
それなのに試験の成績がいいことを才能だと、日本人は考え違いをしている。

知識と思考力は反比例します。
知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。
知識が多い人ほど自分の頭で考えない。
若いときは知識を蓄えることも大事ですが、知識は10年も経てば必ず古くなる。

にもかかわらず、ほとんどの人が惰性で生きている。
ことに高学歴で名の通った企業や役所に勤めるほど、その傾向は強い。

詰め込み型の勉強法が有効なのは30代まで。
40代からは自分なりに考えることを心がけよう。
役に立たないことでも自分の好きなことにとことん打ち込むこと。
これからの人生を楽しく生きるには、自分で創造する力が必要。


0313


雨模様
椿が見上げる春の空
【まどか】
















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

働きがい

わたしも経験があるのだが、なぜ多くの労働者は引退の時を夢見て、その後の計画を立てるのに何年もかけるのだろうか?
なぜ女性たちは、あんなにも働いてからディズニーランドに逃げ込むのだろうか?

その理由は単純だが、気が滅入るものだ。

なぜ会社を楽しい場所に出来ないのだろうか?

アイデア社長が会社をつぶすとの格言がある。
社員は言われたことをやるだけで組織の意思決定に加わる方法がほとんどなく、自分の才能を十分に発揮できない。
そんな環境が出来上がる。

わたしはこれからの組織はモチベーションよりも働きがいだと思う。
それは、目の前のお客様が喜ぶ、自らの行動だと考える。




0312

雨上がり
春に向かって風走る
「まどか」














本日の逸品 花珠真珠ネックレス



自利利他

約束です。
思いやりの心をもって事業をします。



【盛岡市にある石雲禅寺の副住職小原宗監さん(28)2日に岩手県宮古市を出発し、野営しながら宮城県石巻市を目指している。素足にゴム草履。お経を 唱えな がら、倒壊した家屋の前では深々と一礼し、犠牲者の鎮魂と街の復興を祈った。「がれきの残る所には人の思いが詰まっている。被災者や復興に関わる人たち。 そして畏怖(いふ)の念を込めて海にも合掌したい。】朝日新聞より


01
02
03












結び付ける

ベンチャービジネス経営センスのひとつに、矛盾しているもの同士を合理的につなげる能力がある。

わたし達は、無意識のうちに選択する癖(クセ)がついていることが多い。
つまり通常の「AまたはB(のいずれか)」の考えだ。

「AまたはB」ではこの二つを対立しているものとして見る。
限られた予算、限られた時間、限られた人員から「AもBも」という思考になかなかたどり着けない。

「AもBも」の思考はお互いを必要とする二つの要素としてとらえる。
簡単なたとえは「息を吸う」「息を吐く」行為だ。

息を吸えば吐く。
息を吸えば吸うほど息を吐ける。

「息を吸う」と「息を吐く」は全く矛盾している。
然しながらお互いになくてはならない存在。しかも片一方が大きくなればもう片方も大きくなる。

このように矛盾している存在ではあるが、お互いを認める力量が必要だ。
合理主義では取捨選択(Selection)が重要だが、これからの経営は全体論(Holism)がもっと必要な時代になると考える。

「自由と責任」「自己と他者」「近代化と環境」
世の中には矛盾しているものが満ち溢れている。
ビジネスチャンスに満ち溢れている。


0309

雨雲に
隠れる椿雨を避け
【まどか】









本日の逸品 大珠バロックあこや真珠ピアス・イヤリング


贈る言葉

口答えの数だけ自分が劣化していく
肯定の数だけが今を生きていく

誰も驕らない
一人も驕らない
満足していないじゃない
もっと大きな天を見つめられる仲間は
あなたの意識しだいでいつでも近くにいたのにと

失って後悔するような落ちた人間になったら
おもいっきり笑われながら
バカにされながらでも
もう一度歯を食いしばって非を是としない
立ち上がる自分であれ




0308

風の中
春の日向を探す影
【まどか】














本日の逸品 最高級花珠真珠ネックレス



国民の祝日に関する法律

働き方法案の続きではないのだが、日本は祝祭日・休日が多い。
そもそも日本の祝日は平安時代の宮中祭祀として行われていたものが変化している。

今年(2018年)の土日は104日、土日に重ならない祝日・振替休日は13日、よって117日のお休みがある。
これに年末年始とお盆休み加わると年間120日以上のお休みがある。
休み過ぎだよなぁ

ということで「国民の祝日に関する法律」を少し考察してみた。

第一条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
元日 一月一日 年のはじめを祝う。
成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 五月三日 日本国憲法 の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

第三条 「国民の祝日」は、休日とする。
2  「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
3  その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

もう少しその由来などを紐解くと・・・

元旦 1月1日「四方節」四方拝・歳旦祭
 元日の早朝、天皇陛下が一年間の豊作と無病息災を祈る「四方拝」という祭祀を行う日。
成人の日「1月第2月曜日」元服と裳着の儀
 元来は1月15日。小正月と言い、元服の儀式が執り行われていた日。
建国記念日 2月11日(正確には建国記念の日)
 戦前は「紀元節」と言われ、神武天皇(初代天皇)の即位日。
春分の日 3月20日か21日のいずれか 春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)
 天皇が歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式が行われる日。
昭和の日 4月29日 
 昭和天皇の誕生日。
憲法記念日 5月3日 
 日本国憲法が施行された日。
みどりの日 5月4日 
 もともとは、4月29日天皇誕生日が、昭和天皇が崩御されたことで「みどりの日」となったが、2007年に再び「昭和の日」と名称変更となった。そのため「みどりの日」を5月4日に移動した。
こどもの日 5月5日 端午節会
 男の子の成長を祝う「端午の節句」
海の日 7月第3月曜日
 明治天皇が汽船で行幸した日。
山の日 8月11日
 2016年から施行された一番新しい「国民の祝日」
敬老の日 9月の第3月曜日
 もともとは9月15日。
秋分の日 秋分日 9月23日、たまに9月22日
 「秋季皇霊祭」(しゅうきこうれいさい)
体育の日 10月の第2月曜日
 元は東京オリンピックの日で10月10日
文化の日 11月3日
 明治天皇の誕生日(天長節)
勤労感謝の日 11月23日 新嘗祭
 天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。
天皇誕生日 12月23日
 平成天皇の誕生日。

これからは休日の一日を大切に過ごさせて頂きます。



0307
















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ