今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

七施

お金は無くても、施(ほどこ)していけるものがある。

眼施(げんせ)   優しい眼差しで相手に接する。
和顔施(わげんせ) 穏やかな顔つきで人に対する。
言辞施(ごんじせ) 愛情をこめて言葉を使う。
身施(しんせ)   自分の体で奉仕する。
心施(しんせ)   ともに喜び、ともに悲しむ。
床座施(しょうざせ)座席を譲る。譲り合う。
房舎施(ぼうしゃせ)温かくおもてなしをする。

これら七つを七施(しちせ)という。



0425

















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス 8.0mm

しんげん:箴言

人生の指針となる格言(かくげん)なる言葉がある。
また古くから人々に言い習わされた言葉に諺(ことわざ)がある。

格言も諺も聞いている分にはイイが、箴言(しんげん)になるとカチンとくる。
この箴言、またはフランス語での「マクシム」とは、辛辣な人間観察を含んだ格言にあたる。

maximにはフランス文学にある「人間は必ずズルくて騙す」というところから始まる。
どうしたら騙されないか、真実を見定められるか、そういう思考からフランスという国は成り立つ。

聞いて納得する言葉や、腑に落ちる格言は有り難いが、人間の深層心理までずかずかと踏み込んでくる箴言は妻の不倫を認める亭主の気持ちをも理解する心境にならなくては辿りつかない境地なのだろう。



0424


雨の色
見えぬ空に下がる傘
【まどか】













本日の逸品 花珠真珠ネックレス

キャプテン

大きな船でも小さな船でも、キャプテンは一人しかいない。
だから数万人が働く大企業も、わたしの零細企業もキャプテンという立場は一緒。

経営という大海原は自分の意思とは関係なく荒れ狂う時もある。
常に気を抜かず真摯に経営に立ち向かわなければならない。



0423

雲の上春の青空走る風
【まどか】












本日の逸品 マベパールネックレス



我慢と辛抱

我慢と辛抱は違う。

色んな人のいろんな意見があるが、やはり我慢と辛抱は違う。
この違いが分かるまでは我慢しなければならない。


我慢 - Wikipedia

辛抱 - goo国語辞書



0420


雨の予報草木揺れて空見上げ
【まどか】









本日の逸品 アコヤ真珠スルーペンダントネックレス





不満

不満を抱くということは現状に満足していないから。
不満には我慢という時間がセットで用意されているのだが、
この我慢がちゃんと出来ないと他人への批判となって表面に現れる。

学生の時は、勉強が必要な人ほど勉強する人を批判するし、
大人になると、お金を必要とする人ほどお金持ちを批判する。

我慢とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。

自分でもこのままではダメだと分かっているのに自分を自分で変えようとしない。
自分が避けていることを直視したくないから安易に他人を批判する。



0419


キラキラと桜の様に咲く笑顔
【まどか】









本日の逸品 花珠真珠ネックレス 7.0mm〜


満足

お客様は財務諸表なんか見ない。
お客様が最初に触れ合う瞬間はホームページであったりチラシやDMです。

経営コンサルタントや会計士には財務諸表を見てもらってアドバイスを貰うが、そこに答えはない。
答えは満足したお客様の行動を辿っていくことで見えてくる。
お客様は何を求めて、どの入り口から入って、どこにたどり着いたのか。
そしてどれくらいの時間をかけて満足を味わったのかを振り返る。

まず、お客様に満足していただかないと、わたし達の満足は来ない。


0418


風運ぶ春の香りに桜色
【まどか】










本日の逸品 あこや真珠ペンダントトップ K14WG


働き方改革

日本政府が提唱する働き方改革とは、
「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。
 多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、
 成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。」
とのことだそうです。

でも、なんのこっちゃ?
新聞をはじめとするメディアが盛んに伝え聞くのとはちょっと違う。
彼らが伝えようとしているのは、実行する際に問題となる3つの課題の方です。

  長時間労働
  非正規と正社員の格差
  労働人口不足(高齢者の就労促進)

働き方改革の趣旨は、課題最後の労働人口の減少。
  2013年に8000万人だった労働人口が、
  2027年には7000万人
  2051年には5000万人を割り、
  2060年には4418万人となる見込みです。

そのために、
  働き手を増やす
  出生率の上昇
  労働生産性の向上
に取り組むというのが「働き方改革」の概要です。

左翼系の新聞では長時間労働を過分に取り上げ、過労死や自殺による「労働=悪」の論調が多くて見るに堪えない状態です。
変な事を盛んに書くから、大切な物事の本質はどんどん離れてしまう。
しかし働き改革によってこれから多くの会社が、残業のない正規時間労働を推進していくと考えます。要するに労働時間の短縮ですね。

ここで大切なことは、ボーとした時間が増えるのではなく、成果を出す為の下調べや勉強に充てるための時間を作りなさいねって事。
これからの世の中は勉強の自己管理が必要となり、より成果型の社会になっていきます。

新聞をはじめとするメディアは、社会を不安に陥れて自分たちの情報価値を上げてきた経緯があります。
何か微妙な論調記事で違う方法に持っていく習性がある。
新聞に書いてあるからって鵜呑みにしない、客観的思考を持つようにしたいですね。




0417

曇り空1つ咲いた桜の花
【まどか】













本日の逸品 準花珠真珠ネックレス







寄り添う

病院に行って注射を受ける時って幾つになっても怖い。

おぼろげな記憶だど、その時分は「痛いけど我慢しよう。痛いのはチクッと一瞬」と言われていた気がする。
いま病室から聞こえてくる声は「痛いね、痛いよね、怖いよね」に変化している。

ここは病気を治す場所から、患者の気持ちに寄り添う場所になっている。
私は気がつかなかっただけなのだが、世の中は常に進化している。




0412

水たまり桜を乗せて空見上げ
【まどか】















本日の逸品 




時代の変化

1995年は一つの時代が動いた年と言える。
1月17日に阪神大震災が神戸を中心に関西を襲った、私も個人的に甚大な負債を抱えてしまった。
3月20日に地下鉄サリン事件が東京都内を混乱に陥れ、11月23日の勤労感謝の日にWidows 95日本版が発売発売されコンピューターの時代が始まった。

この1995年を境に日本は大きく動く。

1997年11月に山一證券、三洋証券、北海道拓殖銀行と立て続けに潰れ、翌年には長銀も経営破綻してしまう。
絶対潰れないと言われていた、東証一部の大企業や金融機関が倒産する時代に突入した。

あれから20有余年、ジェットコースターのように時代は激しく変化したと思ったが、日本にGDPは500兆円を少し超えただけで殆ど変化をしていない。
中国は約20倍、インドは6倍、アメリカやドイツも2倍以上の成長をしている。
先進国で唯一経済的に成長しきれなかったのは日本だけだった。

この20年で何が変わって、何が変わらなかったのだろうか?
なぜ変わらなかったのだろうか?

いま私たちが生きているこの2018年は1995年当時の匂いと似通っている気がする。
大きな変化の予兆であることは確かだが、AIなのかIPS細胞なのか、まだ知り得ていない何なのか分からないが日本のターニングポイントである気がする。

2020年は大きく世界経済が動くと言われて久しいが前兆なのだろうか。
再び時代の変化に立ち会える幸運に感謝したい。



0411


ゆらゆらと揺れる花びら春扇ぐ
【まどか】













本日の逸品 バロックあこや真珠ネックレス

自由

自由はゆとりの中から生まれるもののではない。
それは、言葉の通じない外国に行けばよく分かる。

本当の意味での自由とは、不安と隣り合わせの時間と場所なのだ。
不安の真っ只中に身を置き、緊張しながらも前に進むことによって自由が手に入る。

もっともっと海外へ出よう。
自分を知るために。
自分のこころを開放するためにも。

よし!やるだけ。



0410


はるかぜに踊る花びら空仰ぎ
【まどか】














本日の逸品 生珠グレーあこや真珠ネックレス
過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ