今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

行動する

寒い寒いと言っていても、暖房を付けないと温かくはなりません。
温かくする行動が大事。

同様に仕事がうまく行かずに、厳しい厳しいと言っていても、事態は全く好転しません。
売り上げを上げる工夫をしないとね。

寒い、厳しいと言うのは簡単。
大事なのは、乗り越える努力、工夫です。

まず動く、後で直す。








1212



冬空に朝の日差しが溶かす秋
【まどか】






伸びる時期

謙虚になるのは簡単。
だが傲慢になるのには勇気が必要。

人でも会社でも、急激に伸びるときは、やっかみや嫉妬・批判を買う。
こんな時に変に気を使い、批判者の言うことに耳を傾けると前に進めない。

成功者の重要な資質のひとつは、批判に対して傲慢になれること。

よく考えてほしい。映画のヒーローはそのほとんどが傲慢。
謙虚なヒーローってありえないよね。
謙虚さが必要なのはヒーローになったあと。
それまでは傲慢に徹する!




1211


光描く冬の景色に染める風
【まどか】






後悔先立たず

今なら判る。
あの時にもう少し頑張っていたら、もっと出来ただろう。
でも、これが現実だ!
今の自分にできることを精いっぱいやるだけ。


未来の自分(3年先)から、今の自分を見る。
今の自分を褒めてやろうぜ。
そんな自分になろうぜ。


千夜一夜物語で夢を語れる癖をつける。
常に1000日の事業計画書を書き続けよう。
よし!やるだけ。



1210



朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】








モチベーション

仕事や勉強をする為にモチベーションを上げる。と言う考えがある。

でも、モチベーションが無かったら勉強はできないの?仕事はやらないの?

モチベーションは人の行動の活力だと信じている人がいるが、ディズニーランドやUSJに入場する前にわざわざモチベーション高める人はいないだろう。
そんなもん放っておいても自然と沸き起こってくるものだ。

だから自分でやる気を出して仕事をする。
仕事や勉強が出来るようになったら、自然とモチベーションは上がるもの。
そう思うのだが間違っているだろうか。

まずやる。後で直す。
これでいいのだ。


1207


朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】









守破離

成功するために、成功法則を学び、成功法則を手放す。

よし!やるだけ。




1206


落ち葉に落ちる朝の光
【まどか】















チャンスの波

時代が動くとき、今までとは違う波がやってくる。

明治 → 大正 → 昭和 → 平成・・・時代が動く

普段は感じないものだが、確実に時代は変化している。
組織の中で息苦しく思っている社員が居たら、肌感覚でその変化をキャッチできている人だ。
そんな人材は環境を変えることで化けることが多い。

ビジネスは能力だけではない。
波に乗る技術も必要。




1205














鍛錬

使わない筋肉は、衰える。
使わない知識も衰える。




1204













非合理

「効率的に仕事を推し進める」ってスローガンを掲げると何となく知的に思える。

しかし、仕事の効率化を推し進めると、非効率な出来事が余儀なく起こる。
不思議なことですが、効率化を推し進めると不思議と時間が掛かってしまう。
結果儲からなくなってしまう。

制約条件の理論「ザッ・ゴール」の著者であるエリヤフ・ゴールドラット博士が提唱する、TOC (theory of constraints) の学びではボトルネックを解消することが最たる目的になる。
ボトルネックはなぜ生じるのか?
それを追求しなければ、業務を効率化しても新たなボトルネックが生まれるだけと教えを乞うた。

ビジネスは、人間的なかかわりによって成り立つ。
効率的・合理的主義が優先してはならない。




1203


雲の中ひっそり潜む冬の雨
【まどか】











成長と恥はワンセット

恥のない成長はあり得ない。
と言う事は、恥を恐れたら成長はあり得ないと考えられる。



1201



冷たさに顔を上げる冬の花
【まどか】












お金持ちになるのに、学歴や努力したなどの苦労話は関係ない。

努力が悪いと言っているのではない。
努力したら絶対に結果が付いてくると思い込んでいることが間違い。

お金持ちになる必須条件は、成長産業にいるかどうかが大きい。
自分の会社のピークを知って、新たな成長カーブを創りだす必要がある。

波に乗る。
経営者に絶対必要な能力のひとつである。



1129



空の中秋を写す雲の色
【まどか】















過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍