今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

現場

基本をやり直せば、必ず道は拓ける。

悩んだら現場。現場に答えがある。


0907
さんさんと
光る屋根で
昼寝の鳥
【まどか】Zagreb

















コンプレックス

コンプレックスを持つ人は欠点を補うために
努力と研究を重ねることができます。

逆に自分はできていると思うと成長は止まってしまう。



0906
店先に
鬼灯見つける
秋の道
【まどか】Zagreb













切る。

人生は、
踏み切る、
割り切る、
思い切る、

の三切る(みきる)だ。


0905
店先に
鬼灯見つける
秋の道
【まどか】
























キャッシュフロー会計

利益と現金は合っていることが相応しい。
しかし会計は複雑で、帳簿上では正しく整っていても手元にお金がないことが多い。

「勘定合って銭足らず」では何のために経営しているのかわからなくなる。
そんな苦労を避けるためにも、キャッシュフロー会計は必要。


0904
揺らぐ夏
トンボが飛んで
秋の風
【まどか】

















エトバス ノイエス

エトバス ノイエスとは、サントリー二代目社佐治敬三の座右の銘

ドイツ語(Etwas Neues)で、常に何か新しいことに挑戦するとの意味。
英語に例えるならば、Something new が相応しいであろう。

今日から9月。
新しい月の始まりだ。

まずやってみよう!
まず挑戦しよう!


よし、やるだけ!


0901
空の色
秋の風に
負けぬ夏
【まどか】

















ビジネスマンに一番大切な事

松下幸之助翁が外国人記者から質問を受けたことがあった。

「ビジネスマンにとって一番大事なものは何ですか?」

という記者の質問に松下さんは

「それは愛されることです」

と即答されました。


そして、
「そのためには奉仕することです」
と付け加えられました。


シンプルな答えですが、まさに本質をついたことを
さらりと言われる姿に深い感動を覚えました。


0831
朝の色
夏の風は
まだ止まぬ
【まどか】

















曼荼羅

曼荼羅とは、密教の経典にもとづき、主尊を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図像
この曼荼羅(マンダラ)を会社経営に見立てて考えてみる。

マンダラの上下にある、「滅」と「苦」は、現状と理想の「離れ具合」を示している。
問題とは「現状」と「理想」がどのくらい離れているかの距離によって、かなり離れていれば大問題であるし、近距離であれば小問題である。手が届かないほどであるならば、その問題は大きい。
一方、左右の「集」と「道」は、分析と方法ということになる。
 
そこで、
何を変えるのか=(苦)
よく分析して整理する=(集)
何に変えるのか=(滅)
いかに変えるのか=(道)
ということで、マンダラの苦集滅道は南西北東と歩んでいる。(時計回り)



0830
蝉の声
聞こえぬ朝に
夏の風
【まどか】














発酵

世の中に「2対6対2の法則」というのについて聞いたことがあるでしょうか。
どんな会社にも2割の優秀の社員がいて、全体の8割の売り上げを作る。
逆にダメ社員も2割います。

そして残り6割は日和見社員で、2割の優秀な社員が社内での影響力が大きくなっていると6割の日和見社員は優秀社員に引っ張られて、
8割の社員が優秀になって会社の業績アップに貢献してくれるようになります。

ところがダメ社員の社内での影響力が強くなると、6割の日和見社員はそちらに引っ張られ、
8割がダメ社員となって、会社はとんでもないことになるというわけです。

生物の世界でも同様のことが起こるようです。
細菌の世界でも「2対6対2の法則」に似たものがあります。
2割の善玉菌と2割の悪玉菌、そして6割の日和見菌で構成されています。
善玉菌が強いと日和見菌も影響を受けて、8割が善玉菌となります。これを「発酵」といいます。
逆に悪玉菌が強くなると、日和見菌が引っ張られて、8割が悪玉菌になります。これを「腐敗」といいます。

会社組織の腐敗という言葉は昔からありますが、会社の発酵とは言いえて妙です。
自然界から学ぶことはまだまだあります。


0829
きらきらと
開く葉に見る
初夏の色
【まどか】


















商売

買うての幸い。
売ってのしあわせ。

幸せを真剣に考える。


0828
蝉の声
羽音に少し
秋の気配
【まどか】




















意地張り

毎年お年玉を貰うのが楽しみで待ち焦がれたものだ。
ある年のこと。

お姉ちゃんは今年から中学生だから1000円。
お前はまだ小学生だから500円。

何でお姉ちゃんだけ1000円で俺が500円なんだよ。
そんなんならイランわ!

素直な心があれば500円貰えてお菓子が買えたのに、妙な意地を張って正月早々泣いてた。
「素直」の言葉を頭に描くとき、この0から500円を生み出す理屈を考える。



0825
青空に
夏を並べ
浮かぶ汗
【まどか】












過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ