今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

徹底

ちょっとしたことを徹底してやってみよう。

まず、お客様とのお話を後でメモしてみよう。
お話をちゃんと聞く人は多いと思うがメモする人は少ない。

このちょっとした「最初の一歩」を徹底した人が凄い人になる。


会議でも、年下の社員との会話や新聞記事でもよい。
徹底してやることを習慣化した者だけが見れる風景がある。


1025


青空に飛ぶ鳥泳ぐ秋の風
【まどか】

やる気

どうしたら、やる気になれるか?

これについては何をおいても、
「一歩踏み出そう」と思う事。


まず小さな第一歩!から物語は始まる。
始めた物語が面白かったら、誰だってやる気になる。
面白くなかったらやめたら良いだけ。

まず、小さく踏み出せ!



1024


さらさらと秋の日差しに泳ぐ雲
【まどか】





数字

何気ない会話の中で「あれ?、なぜ?」と思ったら数字を確認してみる。
数字を見たらその裏を推測してみる。
この習慣が大事。

色んなものが繋がって見えてくる。


1023


風吹けば秋の足音響く町
【まどか】








創業から3年目の問題

組織を立ち上げて3年も経過するといろんな問題が生じる。

大きな問題は二つ。

ひとつ目が品質問題。
二つ目の原因は適切な資質を持った人材が集まらないこと。




1022


雲の上秋晴れ見える朝の色
【まどか】







Price

価格の下限はコスト。
売値がコストを下回ったら赤字になる。

しかしコストを見極めるよりも、お客様の満足度を図る方が企業はうまくいく。
なぜならば価格の上限はお客様から見た価値だから。

決してよそと比較して価格を決めるんじゃないよ。
よそにはよそ様の事情ってものがある。
だからコストも違えば価値観も違う。

他人と比べて価格を決めるなんて碌なもんじゃない。
それよりも自分の所の会社やお店なりの満足度を上げる努力をしたほうが良い。

もう一回いうね。
価格の上限はお客様から見た価値だよ。
だから切磋琢磨して自分たちの価値を高める努力が必要なんだ。

久しぶりにお酒を呑みながらブログを書きました(^^♪


1019



秋風に足元踊る草木の色
【まどか】




ホラを吹く

今の時代は昔と違う。
夢物語のようなことでも、口に出すと実現してしまう。

少し前なら会社を創るにも、「ひと」「かね」「もの」と基本があると言われていた。
然し今の時代それぞれが全くなくても、相当大きな組織を作ることが出来る。

一年後にどんな自分になっていたいかを明確に描けるならば実現できる。
大きなことを言ってもイイ。
なりたい自分を思い描くことが大事。

目標を口に出す習慣をつくろう。
よし!やるだけ。


1018


雲開けて秋の空気に浸る朝
【まどか】







情報

データ、情報、知識。
これらと知恵の間には大きな違いがある。
集めた情報は実際の現場で知恵に変え、仕事や生活に活かすことが情報の対処法である。

今の現代人の多くは、情報の海で溺れながら知識に飢えている。

より良い情報を手にし、その情報をより良い知恵に昇華させた者が勝利を手にすることが出来る。




1017



雲かぶせ空の中も衣替え
【まどか】

複雑系の社会

世の中はITの普及に便利になった。

然しながら、世の中はより複雑化している。
その結果、自分たちだけの力で出来ない事柄が多くなってきている。

どこの誰と組むかによって自社の価値を高めることが出来るかを
真剣に考える時期になった。



1016


雨上がり葉っぱが揺れる風の跡
【まどか】








倖せ

悲しいことや、つらいことは放っておいても向こうからやってくる。
でも倖せは自分が捕まえに行かなければ掴めない。

だから歩け歩け、
一歩でも前に向かって歩け!



1015


雨音に伸びる足音秋の色
【まどか】








マンネリ

社長業にも飽きはくる
 
課長は1年、部長は3年、役員は5年、社長は15年もやれば、たいがい飽きる。
社員の立場からみれば飽きないと思うだろうが、大企業のトップでも飽きは来る。
それをマンネリと呼ぶこともある。

それはともかく、ある程度今の仕事を続けているとマンネリになってくるのは、いまの地位が頂点でないと言う事。
もっとすべき事柄があり、目指す道があると言う事だと考える。



1012


青空に足跡残す雨雲色
【まどか】







過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍