今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

揺るぎない信念

2abf26e8.JPG消極的な信念などというものはありません。信念を育む上で一番必要なのは、行動です。
言葉だけでは役に立ちません。



揺るぎない信念」とは、どのような状況においても、自分自身や仲間、あるいはチャンスなどに対する信念を貫くことです。揺るぎない信念を持つことは、成功するために不可欠な要素です。


自分自身を信じることができなければ何事もやってみようという気にならないでしょうし、仲間を信じることができなければ、他人とともに事業を行う上で必要な信頼や人間関係を築きあげることができないでしょう。

疑念

疑い深い人の言うことに耳を傾けてはいけません。
聞いてしまったら、その人の疑い深さがあなたにも伝染するからです。


人間とは、疑い深い生き物です。疑念や不安は、それらを克服しようとする果敢な努力にも関わらず、気がつかないうちに私たちの心の中に忍び込んでくることがよくあります。

他人の何気ない消極的な一言で、心の奥に抑え込んでいた消極的な感情が動き出し、根拠のない不安が波となって押し寄せてくるのです。積極的思考は後天的に身につくものであると同時に脆いものでもあり、たいていの場合、それまでに習慣として身についていません。ですから、敢えて習慣的に実践する必要があるのです。

信念

消極的心構えが完全に消えた後、自分自身の内面から力が湧いてきます。
その力は信念によって支えられ、心の中で育ちます。



確固たる信念を持つことで自分自身の内面に力が生じます。その力を通して物事に向かえば、毎日が目標達成のためのチャンスとなります。昨日の失敗を今日に持ち越すようなことはなくなります。人種や主義にとらわれることもなくなります。また、例えば、貧困の中で生まれたからといって、生涯貧困という環境に甘んじることもなくなるのです。

内面から湧いてくる力は、個人の自由と解放への唯一の道を提供してくれるものです。それはすべての人間に与えられている力であり、いかなる知識や教育をも超越したものです。

ベンチャースピリッツのいいところは、
自由であるということ。

この気持ちを行動に移すには、特別な決まりなんてないし、
ルールも無い。

世界を変えるようなことも出来る。

品性

銀行はたいていその人の品性を見て融資をします。
評判だけを基にして融資することはまずないでしょう。評判が正しいとは限らないということをよく知っているからです。


銀行が融資を検討する場合に重要視するのは、借り手の返済能力と過去の返済実績、そして借り手の品性の3つです。
最初の2つの条件は数学的に計算することができますが、3つ目の条件については判断と経験が必要です。

慎重な銀行家は、“ 成功に伴う虚飾に自己の財産を注ぎ込むタイプの人間 ”は絶対に融資の対象にすべきではないが、“ 品性のある人間 ” はきちんと自己の義務を果たすので優良な融資の対象となることを、経験から学んでいるのです。

自分に関する良い評判も、資産や生活を守るのと同様に、しっかり守るようにしましょう。

苦境をものともせずに目的を貫く勇気と意志力のある人ならば、一度落ちた評判でも回復させることができます。

課題



   目標 − 現状 = 課題



                   大村あつし

実現

できると信じれば、成し遂げることができます。


そうなるだろうと信じたことが現実に起こることを「自己実現的予言」と言います。
心というものは、いつも考えていることを現実のものにするために、絶え間なく努力するように組み立てられているのです。

私たちの多くは、自分の中にある大きな可能性に気づくことなく過ごしてしまっています。

できると信じなければ、何一つ達成できないことに気付くべきです。
まず自分を信じる、やがてそれは行動と言葉と自信に変わるでしょう。

理想の仕事

今の仕事場じゃ嫌だ!理想の仕事がしたいとお嘆きの方に・・・

今の仕事から、もっと自分の好きな仕事に移るための一番良い方法は、今の仕事に一生懸命取り組み良い結果を出すことです。
そうすれば、経営陣はあなたをもっと重要な仕事に活かしたいと思うようになります。


一番嫌いな仕事から真っ先に取り組む習慣を身につければ、人生においてより大きな成功をつかむことができるでしょう。難しい仕事でも進んで引き受ける誠実な人間だと認められれば、組織の中でさらに責任のある仕事を任されるようになることは間違いありません。

一番大変な仕事を最初にやることによって、一日の始まりの充実した気力を効果的に利用することができます。そうすればそのあとに、もっと楽な日常的な仕事を容易に進めていくことができます。

また、重要な仕事を早目にやっておけば、あとで予期してもいなかった邪魔が入ったとしても余裕を持って対処することができます。

友人

逆境に陥り、誰かの協力が必要な状況に立たされることによって初めて、自分の真の友達が誰であるのかが分かります。


自分の仕事が順調に行っているときには、友人が多いのは当たり前です。
しかし、あなたがすっかり落ちぶれている時は、誰もあなたのことなど気にしないものです。

逆境に立たされたときには、自分の真の友達が見極めやすくなります。
それが、逆境を経験することの最大のメリットなのですが、よく理解されていません。

私たちには多くの知り合いや仲間がいます。たとえ数が少ないとしても、真の友達がいるということは、とても幸せなことなのです。助けを求めてみれば、その人が本当の友達か否か、すぐわかります。

思慮深い人とは、助けを求められた時、自分もいつか同じような状況に置かれるかもしれないことを認識できる人です。

学び

失敗からしか学びは得られない。
     成功は、何も教えてくれないのです。


専門家とは特定の分野において、ありとあらゆる失敗をしてきた人を指します。
専門家になるまでには通常の人の何倍もの失敗をして、現在の状態になってます。
失敗を恐れたり、傷つくことを避ける人には成功はありません。
過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍