今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

仕事

若い頃に仕事より趣味と言ってた人が、シニアになって充実はほぼ聞かない。

20・30歳代に一所懸命仕事してないと将来の選択肢が広がらない。



1116

冷たい風
空をかき混ぜ散らす雲
【まどか】














怪我

勝負事
負けた時の99%の理由は自滅
考え過ぎ。

考え過ぎるとケガが多くなる。
怪我とは日本ではキズ、負傷。
中国では自責の念を表す時にいう。


考え過ぎて物事がうまく動かない時は、瞬間的にぱっとやってみる。
なかなか出来ない事かもしれないが「間に合わせ」て、スムーズに事が運ぶことが多い。


1114

風止まる
秋の陽だまり晴れた空
【まどか】













ライバル

マラソン競技の、42.195Kmをひとりで走って世界記録を出せる選手は一人もいません。

100mの短距離も、ひとりで走れば世界記録どころか、オリンピック記録さえ危うい。

スキルを伸ばすのにはライバルが必要。

あれこれ一人で考えていてもしょうがない。


1114

朝日浴び
草木に宿る冬の朝
【まどか】

















信用してはいけない言葉

絶対誰にも言わないから。
この犬、絶対噛まないから。
平服でお越しください。
(学会発表の質疑応答)素人の素朴な質問なんですが・・・
御社が第一志望です。
アットホームな職場です。
お布施はお気持ちの分だけで・・・
それは人生の半分損している。
お年玉はお母さんが預かっていてあげる。
顔より性格が大切だよ。
全然勉強していない。
宿題やったけど家に忘れました。
怒らないから先生に話しなさい。
インストール中です。残り30秒です。

ビジネスキャッチコピーは以上のような事例を参考に作られる。

「実質0円!*」
「全米が泣いた」
「こちら側のどちらからも切れます」


1113

風吹いて
冬の足音聞こえる朝
【まどか】
















菩提心

「人をのみ 渡し渡して おのがみは岸に渡らぬ 渡し守かな」古歌

渡し守はまず人様を岸に渡して、自分は岸には上がらずに、人様を渡すことに努める。

菩提心とは自分のことを忘れて人様の為に尽くすこと。

ビジネスの基本は利他主義のなかにある。


IMG_5766

風遊ぶ
空の気まぐれ木々の声
【まどか】

















ほんまもん

世の中の本物というものは、すべてシンプルだ。

それでいて奥が深い。


1109


雨粒が
地面を照らす朝の色
【まどか】


















事業に失敗するコツ

1.旧来の方法が一番良いと信じていること
2. もちはもち屋だとうぬぼれていること
3. 暇がないといって本を読まぬこと
4. どうにかなると考えていること
5. 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること
6. 良いものは黙っていても売れると安心していること
7. 高い給料は出せないといって人を安くつかうこと
8. 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすること
9. 機械は高いといって人を使うこと
10. お客はわがまますぎると考えること
11.商売人は人情は禁物だと考えること
12.そんなことはできないと改善せぬこと


1108

晴れ間見え
朝の光を浴びる花
【まどか】













艱難

一、ぜいたくをして幸福であると思うのは誤りである。
二、うまく人をだまして自分は頭がよいと思うのはいけない。
三、貪欲の結果、物をあつめて自分にそれだけの手腕があると思うのはいけない。
四、小心でちょっとした事にも恐れている者が慎重派だと思うのは誤りである。
五、喧嘩ばかりしていながら自分には勇気があるなどとうのはいけない。
六、上に立つ者が下の者を叱りつけて、いかにも威厳があると思うのは誤りである。

格言聯璧


1107

風走る
朝の色に滲む空
【まどか】














経営姿勢

ゴルフにもドラマがあった。

22年ぶりのゴルフは6組規模のコンペに参加。
メンバーにも恵まれ一組目にスタート。

先日ホールインワンを達成した会長職の先輩と大手リース会社の社長。
さらに主催者の先生と私。

ボロボロの内容にも拘らず、温かく見守って下さった。
何とか後半の、それも終了間際にはボールが当たるようになり
最終18番ホールはベストショット連発でのナイスパーON。

ふと、ボールが乗ったグリーンを見ると、カラスが一羽ピョコピョコ歩いている。
「おいおい!ボールに近づくんじゃない」と思う間もなく咥えてしまう。
「こらー!」と叫ぶにも遠い。
そのままボールを咥えて消え去った。

まぁ今日のゴルフはお遊びだから、ロストでいいやと思っている自分。
猛然とダッシュしてボールを探しに行ったのが最高齢の会長。
200億円近い売り上げの会社を作り上げ、誰からも尊敬される方。
問題のボールは、バンカーエッジのブッシュの中に隠されていたモノを会長が探し出してくださった。

このラウンド中みんなのショットを誰よりも注視し、何かトラブルがあったら真っ先に駆けつける。
そして問題解決に率先して取り組み、仲間を安堵と笑顔に導く。

遊びだと気軽に考え、ロストでいいやと思っていた自分が恥ずかしい。
それは問題解決ではなく問題放置だったんだ。

どんな時でも問題は発生する。
自分だけではなく、周りの者の問題まで進んで関わり、そして真摯に取り組む。
そんな人には自然と尊敬の念が生じ、人が集まるのだ。

どんな小さな事であっても、まぁいいや!はない。
問題は正面から解決する。
よし!やるだけ。


1106

晴れ間見せ
微笑む太陽風忘れ
【まどか】



















計画

たいていの計画は数字や図のようなものではなく、まるで小説のように転がって行く。

第1章は、誰とやるのか、何処ではじめるのか、手持ち資金がこれだけ、応援してくれる人が誰々。
リスクがこれこれ、これだけで、利益がこれだけ出るはずと。
計画通りいけば3年で投資金額はペイして、次年度以降は配当が見込める。
主人公の周りには、そういうことを聞こうとする人と、それらをすべて見通しているかのように語る人が集まる。

実際の事業は計画としてスタートしたものの、小説かのようにコロコロと転がって行くんだ。
思わぬ事態にドタバタして、思わぬ人が危ない時に手を差し伸べてくれる。
反対に信頼していた人の裏切りがあり、泣いたり笑ったり、時には怒ったりして物事が進んでいく。

これが小説だったら最高傑作と思うぐらい、思いもよらぬ展開が待ち受けている。

明日3日、文化の日に熊本でのゴルフコンペに参加する。
阪神大震災を契機に封印していたゴルフ。
22年ぶりにゴルフクラブを握る。
まともにプレイができるはずはないだろうねぇ

人生すべてが小説のようなものだと考えれば、これも何処かの一小節。
なるようにしかならんのだろう。

愉しんできます。

1102

雨音のなる道歩く朝の風
【まどか】

























過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ