今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

正しいとは。

人が成功するには
「能力」×「熱意」×「考え方」
だと、京セラの創業者である稲盛和夫さんは説く。

能力と熱意はある程度テクニック的な要素が含まれるが、考え方は別のものに思える。

考え方は「正しい考え方」と「間違った考え方」がある。
能力が無かったら0、熱意もなかったら0だが、考え方は悪ければマイナス100である。
能力100% × 熱意100% × 考え方−100% = 最悪な結果となる。

正しい考え方とは何ぞや?
誰が正しいと判断するのだ?

簡単なようで深い。
稲盛さんのこの言葉「能力」×「熱意」×「考え方」に出合って10年以上になるが、
毎回考えさせられる。



1108





青空に浮かべる雲に秋写し
【まどか】











光と影

先日、奈良興福寺:中金堂再建落慶法要にお招きいただき出席してきました。
18世紀冒頭の享保大火によって焼失以来ほぼ300年ぶりの再建となった。

その行事の中で多川俊映貫主が述べていたが、明治以降の興福寺は奈良公園の一部となり、観光客の通り道であり、とても瞑想できる場所ではないと嘆いていた。

そもそも奈良ホテルや国立博物館、奈良県庁は興福寺の跡地に建設された建物だ。
廃仏毀釈や幕末から明治維新時にかけての神仏分離によって興福寺は廃寺になり広大な奈良公園と化した。
あの美し阿修羅像も金堂の片隅にごみ同然のように放置されていたという。

2018年は明治維新から150年目にあたり、「西郷どん」の放送や、幕末維新をメディアが盛んに盛り立てているが、歴史には光と影とがある。

薩摩藩の豪快な生き方ばかりが取り上げられる反面、政策の変化によって弾圧があり苦しんだ民衆もいる。
その一例が維新時に都が東京に移され、急激に人口が減少し産業が衰退してしまった京都の例がある。
復興を掛けた近代政策が実施されたが、その一つ四条大橋の鉄橋化の材料の大半は当時つぶした寺の仏具類である。

私が高校生時代を過ごした伊勢は伊勢神宮のお膝元という事もあって激しい廃仏毀釈などがあり、寺院の数が300近くから15近くにまで減らされている。
その為、全国平均に較べて古い建物の数自体が少なくなっている。

江戸時代、寺院数は9万あったとされるが、廃仏毀釈により半減した。
また仏像などの文化財も壊された。
廃仏毀釈が無ければ、日本の国宝の数は今よりも3倍以上は確実にあったと言われている。

奈良の空に蘇った中金堂を見上げ、しあわせな日本であって欲しいと強く願いました。



IMG_1778[1]



さらさらと地面を踊る落ち葉たち
【まどか】










小欲知足

少欲知足(しょうよく ちそく)

己に正直であれ。
勇気をもって信ずる道を堂々と生きよ。
と、後小松天皇の落胤の説が有力な一休さんは、その言葉通り生涯を波乱万丈に生きた。
しかしながら、肩書・権力を欲しがらず小欲知足に生きた人生であった。

人は自分にないものを欲しがる。
自分が手に入れたものより、もっともっと欲しがる。

仏教では、欲望に内在するこの「もっと、もっと」という本性に気づき、
先ずそれを止めるために「少欲・知足」ということをもって、生きる出発点としてきた。
小欲とは、まだ得られていない次の5つのことを抑制すること。
  眼で見ること。
  耳で何かを聞くこと。
  鼻で香りをかぐこと。
  舌で食べ物の味を感じること。
  体に心地よさを感じること

知足(足るを知る)とは、すでに得られたものに満足し心が穏やかであることである。

「少欲知足」の言葉は禅僧的で欲を抑えたストイックな生き方を示唆しているようではあるが、
いまを一生懸命に生きる者にとっては自分自身を見つめ直すのに最適の言葉であると考える。
なぜならば、欲望にも正しい欲望と間違った欲望があるからだ。
いったん立ち止まって、自分の欲望がこの社会の中で正しいかどうかを考えてみる。
そんな時間を作る必要がある。





1106



ススキ揺れ風に踊る秋の色
【まどか】

















やるべきこと

急に寒さを感じる季節になった。
気温の変化は風邪をひきやすい。

そんな時でも体調を整え、いつも前向きにポジティブな気持ちを持つこと。
それにプラスしてやるべきことを持っておく。

よし!今日も元気で。



1105


青空に描く雲が秋映す
【まどか】











正しいマーケッティング

仏教の開祖は仏陀(ブッダ)であるが、広く世に知らしめたのは仏陀が入滅した後の弟子たちのちからである。

同じようにイエスキリストも人の道を説き各地を遊説したが、
世の人々の心をとらえたのは磔の刑で亡くなった後、弟子たちの言葉やキリストが描かれた絵画であった。

素晴らしい哲学であっても、それだけでは世に定着させ広めることは難しい。
優れた哲学は優れた伝道師(マーケッター)と出会った時に一大宗教となる。
 

良い考え、よい製品を持っていたとしても、それだけで売れるほど世の中は甘くない。
正しい考えには正しいマーケッティング力が必要。

どんなに素晴らしいビジネスモデルであっても、マーケッティングを学ぶ必要はある。




1102



葉を揺らし秋を仰ぐススキの穂
【まどか】



















ポジティブに

怒り、悲しみ、不満は、誰でも持っている。
だからこそその怒りや不満を感じた時をいかに短くしていくかが大事。

ネガティブな感情を持つ時間が短ければ短いほど、ポジティブな時間が増える。





1101


道光る朝の雨に写る空
【まどか】









今日から霜月11月。
この一か月も楽しい月でありますように。








考える

人は考えるときに、一人で考える方が纏まりやすいと思っている。
だから、会社組織の長・CEOなどは社長室を持ちたがるし、少ない座席のスポーツカーを持ちたがる。

然しながら最近の経営者はみんなの中で考えを纏める人が増えたように思う。
経営の質が変わったのか?それとも人類が進化したのか?

実際に部屋に籠って白い紙に事業計画書を策定しようとするとかなりの労力を必要とする。
あるデーターでは頭脳労働は肉体労働の5倍疲れるとある。
だから多くの人は、頭を使わないで、手と身体を動かしつづけるという肉体労働を一生懸命行うと。

なにわともあれ、私は一人で考えているほうが好きだな。



1031


曇り空見上るススキに秋の風
【まどか】













裏切者

ギャングやマフィアの映画で裏切者が登場するのは「強盗に成功した直後」と決まってる。
喧嘩、裏切り、仲間割れ、これらが起こるのは必ず金を盗んだあと。

今の実社会も同じような問題を起こしている。
それが「株主配当」

会計の世界では儲けの分配と言いますが、決算が赤字であれば配当はありません。
然しながらお客様から頂いたお金をないがしろに考える経営者は強盗と同じ発想をしてしまう。
粉飾決算を起こし、実際は赤字なのに儲かったように振る舞い配当金を分配する。

お客様からお金を頂戴する(お預かりする)発想から、
ライバルとの競争に勝ち、お金を奪い取るとの考えに変わったときに偽装が生まれる。


1030


空撫でるススキの穂が光る朝
【まどか】









話をよく聞き・・・

今週の標語

  「大きな耳、小さな口、優しい目」


反対だとキツイですね。
  (小さな耳、大きな口、厳しい目)
こんな風にならないように注意します。



1029

雨音に混じって聞こえる朝の声
【まどか】



見る・観る・診る・視る・看る

ものを見る力を磨くには、対象となるものをよく見ること。
然しながら、まず自分には見えていないと気づくこと。

よく見ても、どれだけ見つめていても判っていないことがある。
見るという行為は奥深い。


1026


さらさらとススキを撫でる秋の手
【まどか】


過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍