今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

頭の良さ

世の中の頭の良い人を沢山見てきました。
頭の良い人に時には嫉妬しました。
頭の良さを羨ましく思い、猛烈に勉強したこともありました。

でも、この歳になって悟ったことがあります。
頭の良さは才能だと。
例えるならば、歌が上手いのと同じだと。

そこで気づいた事は、頭が良いと幸せになれるって本当か?ってこと。
歌がうまいから幸せになれるか?
そりゃ上手いに越したことは無いが、それだけじゃダメだろう。
才能ってそういうことだなと。

頭がよかったら「しあわせになる」「なんでもできる」と思い込んでいたのはちょっと違うんだな。
何かそこに「素直な心」ってキーワードがあって、才能を開花させるのだと。

昨夜頭の良い方々に囲まれて、思ったことを徒然に書き出してみた。




0123



朝の風に伸びる寒さに背が縮む
【まどか】









グッドはグレートの敵

自社の IT に力を入れて効率化を図る。
そんな会議をしていて本当にいいの?
時代は次の段階にきている。確実に。

ここ何年か、自社のシステム化や経営効率化を息苦しく感じている。
そんな人材にはチャンスが来ている。
だからどんどんチャレンジしてほしい。

時代が大きく動いている今、現状ベストは停滞を招く。
グレートな組織になるには、先見性が必要。
現状満足では時代に取り残される。

GoodはGreatの敵である




0122



冬の中顔を上げる花の色
【まどか】










楽しい職場

会社の雰囲気をよくするには「儲ける」こと。

儲かっている会社は楽しい。
儲かっていない会社は苦しい。

この当たり前のことに気が付かず、モチベーションアップを声高に叫んでも無理。
会社の雰囲気をよくするためには、とにかく儲けること。
利益がでれば、自然に会社も活気のあるものになる。

経営者は儲ける仕組みを作ることに徹する。




0121



曇り空冬を見上げる椿の花
【まどか】


















24年目の衝撃

1月17日
そう、昨日は阪神淡路大震災の日。
神戸が揺れた、大阪が揺れた、近畿全域が揺れた。

そんな17日の夜に大阪宗右衛門町の一画にて、お茶屋さんの開店レセプションおよばれ戴いた。
4代目桂春団治師匠をはじめ錚々たるメンバーに圧倒されつつ、お店側の仕込みさんを紹介された。
千葉県から出てきた16歳の少女。
花柳界に憧れ、ここで修行をさせて下さいと・・・・

祇園をはじめ京都や東京に数多ある置屋さんの中から奈良を選んだ。
周りの大人たちは「せめて高校をでてから、」と説得したと聞く。
結局は奈良で修行をしながら高校資格を取るとの事で、晴れて仕込みの身になったのだが。

何という覚悟だろうか。
天晴(あっぱれ)としか語る言葉がない。

阪神大震災から24年。
まだこの世に生まれても居なかった子から受けた潔さ。
覚悟を決めたものだけが持つ力強さを感じました。

この子はこれからどんどんと成長していくのだ。
お前も立ち止まらず、もっともっと社会に貢献しろと神様から諭されたのかもしれない。
有り難いご縁に感謝。





0118



朝色に染まる雨が道照らす
【まどか】














紙と鉛筆


書かないと頭は退化する。



0117


道走る朝の風に冬踊る
【まどか】

























効率化

仕事を効率的にしようと考えるならば、少し多めの休みを決める。
そのお休みを死守しようと仕事が劇的に効率的になる。

創業社長など働き癖のついている経営者は1か月以上のお休みをとることを勧める。
ボーっと出来るだけでなく、社長のいない会社では社員が育つ。


0115



青空に雲で描く朝の色
【まどか】













誓い

一、年頭まず自ら意気を新たにすべし
二、年頭古き悔恨を棄つべし
三、年頭決然滞事を一掃すべし
四、年頭新たに一善事を発願すべし
五、年頭新たに一佳書を読み始むべし

安岡正篤


いま考える。
年の初めに誓ったことが出来ているか?
出来ているかどうかと思った時に、新たな誓いを。



1011



山茶花が道を彩る冬の朝
【まどか】











あきない

大きな成功は、
「結果には関係なく、正しいことをしよう」という誓いからもたらされる。

ビジネスでの成功とは、お客様の不便を解消することだと考えている。
お客様の不便=満足を創りだすこと。

見返りに対する期待だけをバネにして働いてはいけない。
頑張ったから、一生懸命やりました。
そんなの知ったこっちゃない。

商いとは長い時間がかかる。
正しい心がないと長く続かない。



0110



寒空に目を覚ます椿の花
【まどか】
















極(きょく、きわ、ごく)とは、これ以上ないこと、至高、きわみ、最果てを意味する。
北極・南極、プラスとマイナスの電極など正反対の意味の言葉に用いられることもある。

組織を創り、ある程度の規模になると組織管理が必要になる。
自由が好きで起業した会社に、規則が好きで混乱が大嫌いな管理者が赴任する。
自分の好き勝手なことが出来て多少の混乱が刺激的無い日を創りだしていた場に規制が敷かれる。

だから起業家と管理者は、会社のなかで最も反発しあう。

その為に起業家のエネルギーが強すぎると、管理部門が弱体化していく。
優良な企業がシステム導入の遅れによって家業の域を出てこれない事例がたくさんある。

つまりカリスマ社長は、創業時はいいが二代目が活躍するようになる段階では、正直迷惑な存在である。
プラス極、マイナス極のそれぞれが強い企業が、一番パワーが出る。




0109


冬空に光る木々が暖かく
【まどか】







今しかない

お金も自分に残された時間も有限。
限りがある。
お金が足りず、時間が足りず、うまくいかないことの方が多い。

だからこそ、己れの立てるところを深く掘れ。
そこには必ず泉あらん。




0108


寒空に冬雲浮かべ春を待つ
【まどか】














過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍