今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

学び

失敗からしか学びは得られない。
     成功は、何も教えてくれないのです。


専門家とは特定の分野において、ありとあらゆる失敗をしてきた人を指します。
専門家になるまでには通常の人の何倍もの失敗をして、現在の状態になってます。
失敗を恐れたり、傷つくことを避ける人には成功はありません。

何か新しいことをやることが
       冒険であると思います。



            植村直己

不安 2

心配事に付き合っていられないほど忙しくしていれば、心配事もあなたのそばをうろつく気をなくすでしょう。


心配事は、付き合い相手が居ないと長い間一箇所に留まっていられないようです。
心配などしている時間もないほど、忙しく積極的で建設的な行動をしていれば、あなたは成功への階段をすでに登り始めているのです。

何ものんきに問題を無視していいというわけではありません。建設的な行動を取れなくなるほど、無力な状態になるまで問題を内面化してはいけないということなのです。

心配で夜も眠れないような状態に置かれた時に心を静める一番いい方法は、へとへとになるまで働くことである、ということを思い出してください。

不安

不安とはその殆どが根拠の無いものなのに、恐れが心に覆いかぶさってくる。
その損害は、あらゆる感情の中で一番大きい。



成功の最大の敵は、優柔不断、疑念、不安だ。
疑念や不安に悩まされている限り、いつまでも優柔不断から逃れることはできません。優柔不断は不安の芽生えのようなものです。

優柔不断が疑念という形をとると、その二つが結びついて不安が生じる。そのような敵は、気づかないうちにゆっくりと芽を出してくるので大変危険です。

不安は自分の心に宿るならば、断固として自分の力取り除かなければならない。
それは自分の思考を自分で支配することによって可能になる。



噂話

噂話や悪口ばかりにうつつを抜かしている人間は、それに忙しくて成功できません


私たちに与えられた時間、エネルギーは限られています。その限られた財産をどのように使うかは、自分自身で慎重に決めなければいけません。

自分の利益ばかりを考え、他人の名誉を傷つけることに時間を使うならば、他人の噂話や悪口をいうことに多くの時間とエネルギーが費やされ、自分のための時間がほとんど残っていないことにすぐ気がつくはずです。

感性

科学の分野においても感性のない人間には新しい発見も発明は有り得ない。


小柴昌俊(基礎科学者:ノーベル賞受賞者)


それは人間のいかなる仕事においても同じ原理だ。
なぜなら人間の価値は個性にしかなく、個性はその人間の感性によってしか育まれはしない。

愛を引きよせるものはたった一つしかありません。それは、「愛」です。


愛は、人生の中で最も不思議なものの一つです。
恋を経験した時の、天にも昇るような喜びを説明することは不可能です。
自分以外の誰かと、身も心も結ばれた時にあなたを包み込んでしまうあの深い感情を、言葉だけで表わすことはできません。また、自分の子どもを初めて抱いた時の言い表しようのない感情をどうやって伝えることができるでしょうか? 

    それが愛というものなのです。

友情と同じように、本物の愛も、まずあなたから与えなくては、受けることができません。また、愛には常に危険が伴っています。誰かを愛する時、あなたは、その愛が相手に受け入れられ、同じように自分も愛されることを期待するでしょう。

しかし、まず自分から進んで愛を与えなければ、無条件の、惜しみない、思いやりのある愛を受けることから生まれる喜びを知ることはないでしょう。愛しすぎて傷つくこともあるかもしれません。しかし、愛することを知らなければ、不幸の中に生きることになるのです。

今日の空 3月19日

f067ba2a.jpg羽田 → 大阪(伊丹)

大阪は・・・寒い(^^ゞ

しかし、今日の富士山は最高!

東京 晴れ
大阪 曇り
86K

Parsnariti

優れたパースナリティは、危機を乗り越える力を与えてくれます。
それが私たちの最大の財産になります。



新しい事業を興すとなれば、金銭的なこと、人間関係、将来のビジョン、あるいはライバル企業の動向、そのつど対応と行動を求められる。

一番確実な方法は、迅速的に対応をすることだ。問題の原因を探ることです。誰かを責めたり、評論家のように延々と分析を続けるのではない。
その解決策についてよく考え、そして最善と思われる解決法を実行に移そう。


人生の中で遭遇した危機にしっかり対処できるようになれば、強く、魅力的な人間へと成長することができるでしょう。

[メモ]
パースナリティ理論
C.R.ロージァズ著

感情

「感情は、常に理性に服従するとは限らないが、必ず行動に服従する」

自分は何が一番得意で、何をしたいのかをはっきりさせ、ベストを尽くしてそれに取り組むために燃えるような願望を育てよう。そして行動に移そう。

生まれつきの怠け者など居ない。
病気で無い限り、何らかの事をしていたいと思うのが人間の本能である。
病から回復しているという明確な証拠は、ベットから起き上がって歩きたい、仕事に復帰したい、何でも良いからとにかく何かをしていたいと思う欲望からです。

怠惰な人間とは、病気であるか、好きな仕事が見つかっていないかのどちらかです。




過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ