今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

感情

「感情は、常に理性に服従するとは限らないが、必ず行動に服従する」

自分は何が一番得意で、何をしたいのかをはっきりさせ、ベストを尽くしてそれに取り組むために燃えるような願望を育てよう。そして行動に移そう。

生まれつきの怠け者など居ない。
病気で無い限り、何らかの事をしていたいと思うのが人間の本能である。
病から回復しているという明確な証拠は、ベットから起き上がって歩きたい、仕事に復帰したい、何でも良いからとにかく何かをしていたいと思う欲望からです。

怠惰な人間とは、病気であるか、好きな仕事が見つかっていないかのどちらかです。




自慢

アメリカ大リーグ、ロサンゼルス・ドジャース元監督のトミー・ラソーダは野茂英雄をアメリカで開花させた人として有名だ。
「この世には、物事が起こるのをただ見ている人と、何が起きたのかを知りたがる人と、物事を起こす人がいる」と言ってる。

あなたも物事を起こす人になるよう努力しよう。
あなたにできることをしてみせれば、口で語るよりもはるかに大きな尊敬を得られます。口で争うことは誰にでもできますが、行動は黙っていても伝えてくれるのです。

自慢はたいてい劣等感から生まれます

行動しよう

今はどこへ行っても、教えてくれっていう人が多いですけど、私は嫌ですね。

    (中略)      

まずは自分で調べるのが第一だと思います。





そば打ち名人 : 鈴木啓介 

      「そばの歴史を旅する」柴田書店刊

人生の目標がなければ、必ず失敗に向かって流されてしまう。

自分で設定した目標を達成するには、選択肢が二つしかありません。
目標に向かって進むか、漂流するかのどちらかです。

人生の目標を選んだら、その達成に向けて猛烈な勢いで取り組みましょう。

わたしには信念に従って行動する勇気がある。
自分のために選んだ目標があるならば、成功を掴むまで諦めずにやり通すだけの力と粘りが私たちはあるはずです。

正直 3

もしどうしても人を欺かなくてはならない時でも、
   最高の友、自分自身だけは絶対に欺いてはいけない。



自分自身を欺き始める瞬間から、自分の品性の下落が始まる。
正しくない自分を正当化する理屈は、誰でもない自分自身への嘘から始まるのだ。

そのためには、一歩引いて自分自身を見直し、客観的に今の自分を見つめなおうそう。
まず、自分がなりたいと思う目標をはっきりさせ、そこへ到達するための計画を練っていこう。


今の自分が好きですか?

心がけ

悪いところがまったくない良い人などいません。
また、良い所がまったくない悪い人もいません。




人間とは不思議な生き物である。 
それならば、他人のそして自分の良いところを見出すようにしよう。
良いところを育てて、悪いところは改善するように心掛けよう。

正直 2

正直な人でも、見返りを求めればたちまち不正直者になる

正直に程度など無い。あるのは絶対値のみだ。
正直であるか、正直でないかのどちらしかない。



小さな嘘は最初は悪意がない些細な事柄でも、それを隠すために次から次へと嘘を塗り重ねていかねばならない。それが嘘の本質である。
正直であれば誰かについた嘘を心配する必要も無く、また誰かに欺かれる事も少なくなるであろう。

もし自分の発言に自信が持てないのなら、最初から何も言わないように努力しよう。

正直

人間は正直であるか、不正直であるかのどちらかです。その中間はありません。


以前、奈良地方裁判所(裁判官&職員関係)に出入りしていた事があり詐欺や窃盗事件を扱う事件でほんのわずかなお金を盗んで捕まる人の多いことに驚かされました。

ほんのわずかな金額のために自分自身の正直さを売ってしまう人がいるのです。そういう人が、嘘をつくのは、時折あらわれるといった類のことではなくそれが生き方となってしまっているのです。

些細な事柄について嘘を言う人や、わずかな額のお金をごまかす人には、嘘や盗みの習慣が身についてしまってる。

自分の行動を振り返ってみて、常に正直であったと誇りを持てますか? そうでないとしたら、なぜ自分が嘘をついてしまったのかを考えてみましょう。
なぜ嘘をついてしまったのでしょうか?嘘をつく価値がありましたか?嘘をつかないで、正直でいた方がはるかに良い状況をもたらしたと思いませんか?

自分自身の過ちから学び、今日からはいつも正直に生きると誓いましょう。

気持ち

何でも正直に言いすぎると、ほとんど何も言わない時よりも人の怒りを買うことがある



他人が自分に対してどのような感情を抱いているのか、場合によっては知らない方が良いこともある。

「人の自尊心を尊重する」とは、“ 相手について思っていることを何でも正直に言ってしまう ” ことではなく、“ あえて多くを語らない ” ことを意味する場合が多い。

心を積極的に

積極的な心は、実行可能な方法を見つる。
消極的な心は、実行不可能な方法ばかりを探し出してしまう。




“ 自分が真実であると信じるものが、自分にとっての現実となる ” のだ。
誰もやったことの無いビジネス。

わたしの潜在意識は、成功すると繰り返し呟く「絶対に上手く行くって」
その内容がどうであれ自分の可能性を信じます。今までに経験したこともない難題に直面した時は、失敗の可能性にではなく、成功の可能性に考えを集中させる。
そして、問題を細分化し、一つずつ取り組んでいく。

どんな仕事でも、成否を左右するのはただ一つ、その仕事に対する“ 心構え ” だけなのだと。
過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ