今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

営業

親しくなるということは、相手にこびることではない。

また、相手の機嫌をとることではない。

大切なのは自分の機嫌をよくしておくこと。 



0308
曇り空
写す窓に
朝の色
【まどか】





















考えがないと、行動は起きない。

自分が創りたい未来に対して、行く道(方向)を誤ってはならない。

わたしたちの未来は自分の人生に対して責任を負い、
願望実現のための実行可能な計画を立てることから始まります。

出来ることから行動をする。



0307

















死ぬ覚悟

人と生まれ出た以上は、必ず死ぬものと覚悟をする。

 一日生きれば、一日の儲け。
 一年生きれば、一年の利益。

ありがたい。



0306
冬の跡
春と混じる
空の色
【まどか】



















逃げたら痛い!

自分に起こる事柄からは逃げられない。
それらは、痛み・苦しみ・悲しみを伴うかもしれない。

しかし、自分がすべてを受け入れなくてはならない。
痛みも逃げようとするから痛いのであって、その中に入っていけばいい。

自分の身に起こることは全てを受け入れろ。




0303
雨上がり
走る車輪に
水の跡
【まどか】














評価

どんなにその人のために尽くしても、わかってもらえない時がある。
仕事において、どんなに素晴らしい結果を残したところで、誰にも評価されないこともある。

人生そんなもんです。

歴史を振り返ればわかるが、芸術家や作家の作品は死後評価されることのほうが多い。
一生懸命やった仕事に対して、その場で評価されなくても腐らない。
人の評価なんて、見る人、見るタイミング、環境によって変わる。

なによりも他人は好き勝手なことを言う。

それよりも自分がやりたいと思ったことをやり切ったことが大切。
まず自分で自分を評価してあげよう。



0302
雪の下
隠れた春が
顔を出す
【まどか】




















欲求と商品

人間と動物の区別に欲求がある。

その人間の欲求には、大きく分けて二種類ある。
一時的欲求と二次的欲求だ。

一時的欲求は、本能・飢え・渇き・性的行動。生物の本能的欲求です。
二次的欲求は、心理的欲求と言われ、一時的欲求を満たす手段としての欲求。


アブハム・マズローは、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲すると定義した。

マズローの欲求5段階説
↓1、「生理的欲求」食欲、性欲
  2、「安全欲求」身の安全
  3、「社会的欲求(愛・所属欲求)」集団・仲間が欲しくなる
  4、「尊厳欲求(承認欲求)」他者から認められたい、尊敬されたい
  5、「 自己実現欲求」

自分が扱う商品は、どの層の欲求を満たすための品かを考える。
4、承認欲求で他者から認められたい「ステータスシンボル」をターゲットとする品なら、その商品の質をよく考える。

腕時計はステータスシンボルになるが、同じ時計でも置時計はならない。
何故なのか?
そこを突き詰めないと、モノは売れない。


アブラハム・マズロー





0301
朝青く
鳥の鳴き声
響く道
【まどか】



















振り返り

2月も今日で最後。

2/12月 が終わる。
1年というのは、1日×365回。
59/365日
8.5/52週 が終わる。

まず、ここで見直し。
何が達成できた。
どの部分が未達成だったか。

いまなら、あとに続く10ヶ月を修正できる。




0228
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】


















奈良

死のうと思う日は殆どないが
生きていく力が無くなることがある。

そんな時、奈良を訪ね仏像と対峙する。
力わき明日を想う心が出てくるまで仏を見つめる。



0227
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】
















知識 × 熱意 + 経験

知識は大事。

私たちはその知識を得るために小さい時から学びをはじめる。
しかし松下幸之助翁は、知識だけでは社会の役には立たないといった。

知識に熱意を掛け算し、そして経験をプラスしなさい。
そうすることによって知恵が生まれる言った。

面白いのは熱意だけが掛け算。
事業を真面目に伸ばそうと考えるならば、正しい知識と熱意が必要だと分かる。




0224
雨の後
朝をうつす
靴の跡
【まどか】













価値観

自分の考えが価値観に基づいているように、相手にだって相手の考え方や価値感がある。
そのどっちが正しいか悪いかは関係ない。

大切なことは、それぞれが何を望んでいるのかだ。
それについて他人が干渉することはできない。

もちろん意見やアドバイスを言うことはできる。
しかし、それは自分の価値観に基づいた意見だし、相手の価値観に合うかどうかは別のこと。

最終的に相手の選択肢は相手が自分自身で決める。
何を選択しどのような人生を歩むのか。全ての結果はそれぞれの自己責任。

にも関わらず、アドバイスと称して自分の意見を押し付けようとするのはよくある事。
意見を受ける方は、考え方(価値観)を上から押し付けられるから息苦しくなる。

言葉を受ける方にしてみれば、親だろうが、親友からのアドバイスだろうが、余計なお世話と思っている。
万が一失敗したら責任とってくれるのかと。むっ!としてしまう。

言った方は言った方で、せっかく親切にアドバイスしてやったのに言う事を聞かない。
あんなやつ二度と助けてやるものか。と思ってしまう。

だからね会社の上司だから、先輩だからと、安易に上から親切ぶってアドバイスしてはならない。
相手には相手の価値観があるのだから、一歩引いて相手の思いを馳せてみることが大事。

自分の意見は自分の価値観に基づくものでしかない。
相手には相手の価値観があり、決めるのは相手。
その当たり前の前提を忘れないように、今日も笑顔で。



0223


















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ