今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

インド

「神様の期待を裏切らないように、仏さまが生き方を教えてくださっています。」

てなわけでゴールデンウイークは、インドに生き方を探しに行ってきました。
そんなインドの新聞(HindustanTimes)の第一面は学習塾の広告
全国模試の成績を顔写真付きで(裏面は講師の先生方の顔写真付き広告)
他にもThe Times Of Indiaにも広告を。

マイクロソフトのサティア・ナデラCEO.
グーグルのスンダー・ピツチヤイCEO.
ノキアのラジーブ・スリCEO.
アドビのシャンタヌ・ナヤランCEO
そしてハーバード-ビジネススクールの学長までもがインド生まれのインドの大学卒のインド人。

当然理系の人材は引く手数多。

今回のガイドさんの息子さんはIIT(国立インド工科大学)を出て、バンガロールからドイツの大学院に行っている。
ご本人も元設計士でガイドを副業に手広く商売をし、子供の教育に投資をしたと説明を受ける。
グローバルな視点を持つといろんな可能性が広がる。
結構熱く国際情勢やIT関連のことを話す。
中国嫌い!パキスタン大嫌い!は個人的な意見として聞きましたが(笑)

楽しみな国です。





0508




ゆらゆらと春の草木が歌う朝
【まどか】










まず仕事を好きになる

結果を出した経営者の共通する一言は「私はツイていた」だ。
とにかく目の前のことをガムシャラに取り組んだ結果だと。

何かを生み出そうと思って生み出しているわけではない。
ワクワクすることを一生懸命やっていたら、自然にもっと面白いものが見つかったということなんだろう。

ワクワクするものに出会えたことが「ツキ」というものの本質だろう。
どんな仕事でもガムシャラに取り組み好きになる努力さえすれば結果はついてくる。

今までの成功者はすべて同じ道を歩んできている。
これを成功哲学とよぶのであろう。





0430



春風に遊ぶ草木が朝揺らす
【まどか】


















人として何が正しいか。

「 考え方 × 熱意 × 能力 」

売り上げや利益ではなく、人間を律する道徳や原理を経営の指針や判断基準にする。

結局は正しい考え方が企業や社員を守る。
正しい行動をすれば、利益は後からついてくる。



0426













褒める

常識や思い込みにとらわれていたら、今の自分は乗り越えれない。

まずやってみる。
おだててもいいから、まずやらせてみる。

やってできたら褒める。
自分をほめる。

そしてまた、昨日とは違う新たな一歩を踏み出す。
何も動かず、わかった気にだけはならない。




0425


風運ぶ春の陽気に雨上がり
【まどか】











間違い

間違いを認めることで確実にストレスは減少される。
頑固にならず素直になりまひょ。

正しいか間違っているかの最終評価は自分で決めることではなく、周りが決めること。

「こんなに良い商品なのに買わない人はアホや!」というても
売れんかったらあんたの負け。



0424



キラキラと春が走る朝の風
【まどか】
















努力

生きるということは努力し続けるということ。

そしてその努力は必ず笑顔となって輝きをを放す。

ボーと生きてるんじゃねぇよ (^^♪





0423



青々と空を見上げる桜の木
【まどか】










何をやってもあたるときがあれば、何をやってもあたらないときがある。

「運」は確かにあると思う。
運は表裏があり、大海原の波のように浮いたり沈んだり。

運を味方につけよう。
それにはまず日々に感謝する、素直な心が必要。



0422


青々と夏はまだかと草伸びる
【まどか】









働き方改革

一日8時間労働は誰が決めたのか。

それは200年くらい前の欧米では12時間、16時間労働もあったが、いくらなんでも自由時間も睡眠時間もないということで労働運動が起こって短縮化に向かった。
日本でも大企業がテストを繰り返して8時間が妥当だろうということで8時間労働が定着した。
 
だから科学的な根拠はなく、経験値で決められたことである。


働きたいだけ働く。
仕事が楽しいからクタクタになるまで働いてしまう。
変なのかな?



0419



見上げれば青々揺れる木々の枝
【まどか】























 

ワクワク

わくわくすることは同時に怖いこと。
だからドキドキする。

しかし怖さの向こうに飛び込んでみるとなんとかなってしまう。
嬉しくなってもっとやりたいと思ってしまう。

怖がらず、もっともっとワクワクを楽しもうよ。




0418



桜道葉っぱが揺れて朝描く
【まどか】










幼児教育

幼い時にこそ、あえて難しい学問を学んだほうが良い。
少し胸に手を当てて考えればよい。

自分たちに置き換えていえば「成熟したいま、難しいことを学ぼうとするかい?」

会社も同じ。
難しい課題に挑戦するならば創業したての頃が良い。
資金・人脈・経験・・・・すべてが乏しいが、逆にいえば可能性は無限大なのだ。

大人(経験者)の先入観ほど子供の可能性を潰す毒はない。




0417



風走る春を巻き上げ朝の道
【まどか】















過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍