今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

未来を憂いても、しょうがない。
10年前にスマホやiPhoneがここまで普及するなど予測した人はいない。
だから将来の事はだれも判らない。

過去を悔いても仕方がない。
今あるのは過去の積み重ねの結果。

だからこそ、今を大切に精いっぱい生きる。
今できることは、今しましょう。
今でしょ!今!



0207



チラチラと雪が照らす道歩く
【まどか】








リズム

江戸時代の言葉に、
「散る秋があれば、必ず花の咲く春が来る」がある。

わたし達は地球の大地に抱かれて生きている。
良いこともあれば、よくない事もある。
絶対にいいことばかりは続かない。

我々人間は大地のリズムに添うように生きて行けば間違いない。
今は冬だが、春はもうすぐ。






0206


朝色に染まる草木に冬揺れて
【まどか】



















その人だ!

この会社を変えていくのは誰だろう?
そう考えながら鏡の前に立とう。

目の前にいる人物が、その人である。




(「この会社」を、この家、この組織、このグループ・・・・
 自分の立場でそれぞれに置き換えて考える癖をつけるようにしよう)






0205


寒空に負けじと開く冬の花
【まどか】
















修業とは矛盾に耐える事

修行中は、「こんなことをやってても、本当に仕事の役に立つのか?」と一度は思うもの。

この矛盾こそが修行の本質だと気づくのはもっと後。
修行中は言われたことを黙ってする。

矛盾に耐えてこそ、仕事の本質が見えてくる。




0204



おはようと足元遊ぶ冬の風
【まどか】









変化

時代が移り変わるときに生じる犠牲を最小限にすれば、リスクはチャンスへと変化する。

わたし達の小さいころは55歳で定年だったが、今は10年延びて65歳が大半になっている。
まだまだ延びそうだ。

高齢になっても働かなければならない時代なのに、中途退職すると再就職先を見つけることが困難。
だからこそ会社員の時に、新規事業の立ち上げの知識や経験を学ばなければならない。

ライフワークは自らが設計する時代に変わってきている。




0201



雲の中冬の花を育てる空
【まどか】








12か条

成功する人の12カ条を月間目標に置き換える。
今月は、「人間的成長を求め続ける」
これなら出来る!

1 人間的成長を求め続ける
2 自信と誇りを持つ
3 常に明確な目標を指向
4 他人の幸福に役立ちたい
5 良い自己訓練を習慣化
6 失敗も成功につなげる
7 今ここに100%全力投球
8 自己投資を続ける
9 何事も信じ行動する
10 時間を有効に活用
11 できる方法を考える
12 可能性に挑戦しつづける

樋口武男 :大和ハウス工業会長





0130


冬の風窓を叩いて朝知らす
【まどか】













変換

頭の中で変換する。

「恐れ」を「好奇心ワクワク」へ
「正解」を「可能性の気づき」へ
「知識」を「学ぶ喜び」へ




0129



風遊ぶ冬の草木を揺らす朝
【まどか】











聴覚

人間の情報処理能力は、
聴覚 → 触覚 → 視覚 → 味覚 → 嗅覚

視覚は、一秒間に25コマの情報を処理する
聴覚は、一秒間に200コマの情報を処理する。
実に8倍の処理能力を有する。

さらに、視覚は寝ている時は閉ざされるが、聴覚は24時間、365日年中無休。

音の訴求力を戦略的に活用すると、
 【感情を引き出す】
 【記憶を呼び起こす】
 【行動を喚起する】
これらのことが可能になる。

表現を戦略的に活用する時代がいまそこまで来ている。




0128


雪降らぬ寒さの中に雪探す
【まどか】

















声に出して読む

今日のNHK連続テレビ小説「まんぷく」では、らーめんの商品開発の前に【目標】を掲げた。
ちゃぶ台の前で、延々と悩んでこれから歩む道標(みちしるべ)を書き出した。

美味しい。
安い。
簡単に作れる。
常温保存出来て、安心安全なこと

と、書き出したノートを福ちゃんが声を出して復唱する。
これは実際のビジネスプランも同じ、紙に書きだして声に出して読む。
この単純作業が本当に大切

この基本コンセプトがあったから、
安藤百福さんは昭和33年8月25日に超ロングセラーのチキンラーメンを生み出した。


日清食品の歴史







0125




顔上げて見上げる花に冬の朝
【まどか】












有限

時間とお金は有限だ。
限りある時間とお金をどのように使うかによって人生は決まる。
そのためには、やるべきことよりも、やらなくていいことを決めるといい。

いつ死ぬかわからない自分の運命。
どうでもいいことは後回し。
限られた命(時間)を、もっと大切に使う。





0124



空の中冬を貯める朝の風
【まどか】














過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍