今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

雨垂れ

雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

漢書・枚乗伝に「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」とある。

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあける意味から。

今日も出来ることからコツコツと。
さぁ、やるだけ!


0613
雲ちぎれ
晴れ間が見える
雨の後
【まどか】


















Rain

Some people feel the rain. Others just get wet.

Bob Marley


雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。



0612
紫陽花が
顔を上げて
雨を待つ
【まどか】



















成り上がり

今日は6月9日金曜日
6月9日は「ロックの日」だとか。
日本でのロックミュージシャンと言えば、矢沢永吉だろう。

 成りあがり。
 大好きだね、この言葉。素晴らしいじゃないか。
 こんな、何もかもが確立されきったような世の中で、成りあがりなんて… 
 せめて、やってみろって言いたいよ。


矢沢さんと恭蔵兄さんは、私の永遠のあこがれです。



0609


























ローカル&グローバル

インターネットの普及により、世界は急速に同じ顔になっていく。
同じ商品・同じ景観が広がりつつあり、文化がつまらなくなってきている。
日本のアーケード街が、○○○銀座商店街だったように。

グローバル化が進めば進むほど、ローカル色の強い泥臭い個性が輝きを増してくる。

まず原石を探し出し、あとは丁寧に磨くだけ。
よし、やるだけ!

0608
晴れの空
梅雨の前に
一休み
【まどか】





















欲望

人は際限なき欲望に翻弄されるが、
なかでも、名利ほど厄介なものないといわれる。

名利とは名聞利用養:良い評価に浴しつつ実利に潤うこと。

そこそこ評価されて、且つ、ほどほどの金運に恵まれたいと思うのは誰でも一緒。
然しながら、それで欲望は満たされるかと言えばそうではなく、それどこではなく、
それを機に、世間的評価と実利への期待が一生膨らむ。


0607
梅雨まだか
雨を待つ花
空を見る
【まどか】
















まず、深く考える。そして学ぶ。

まず本当に深く考えてみる。全身全霊で考える。
しかし自分の考えだけが正しいと思わないで、先人の言葉に耳を傾ける素直さが必要。
学ぶことによって、自分の考えたことが活きてくる。


子曰く、「吾嘗終日不食、終夜不寝、以思。無益。不如学也。」

吾嘗て終日食らはず、終夜寝ねず、以て思ふ。益無し。学ぶに如かざるなり。

私は以前、一日じゅう食事もせず、ひと晩じゅう寝ることもしないで、思索し続けたことがあった。
(思索も大切だが、書物や先生について)学ぶことには及ばないのである。




0606
涼しい風
夏の前を
通る朝
【まどか】

























生産効率と職人

採算を合わせるのなら効率の良い分業制を選択してしまうが、仕事はやらされている感が強くなる。
不思議なことに、分業制をやめて一人の人間が全工程を担当すると意識が高まり品質が向上する。

生産効率は魔法の言葉。
職人から誇りを奪い去ってしまう。

数字は長い目で見ないと判らない。


0605
大雨に
洗われ光る
夏の草
【まどか】



















フィデュシャリー・デューティー

お客様の一大事とは、
現在、ただ今の事なり。


Fiduciary duty:受託者責任

0602













良い会社

良い会社とか悪い会社と判断をされるが、
具体的に何が良いのか悪いのか?

自分たちで考えるときは、行動できるところまで落とし込む。
誰が何時までにと、実践に落とし込む。

たくましく、そして優しい会社を目指すなら、
どこまでが逞しいのか。
何に対して優しいのか、どこまですれば優しいのか、具体的に動いてみよう。



0601
















商いの原点

お客様に喜ばれて、自分も喜べる。
そんな気持ちになれるもの。

だから、働けるとは幸せつくりに参加できることです。



0531







過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ