今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

白河夜船

人生は長い!
時には休息も必要。

明日から世間はゴールデンウイーク
白河夜船の高イビキとするか。
という事で、何十年目なのか初めてなのかわかりませんが、
ゴールデンウイークに仕事をしないでお休みします。
ありがとうございます。



白河夜船とは、何が起きても気づかないほど、ぐっすり眠っていることのたとえ。
また、知ったかぶりをすること。

白河は京都の洛外。
「京都を見物してきた」と嘘を言った者が、白河のことを聞かれて川の名前だと思い、
「夜中に船で通ったので知らない」と答え、嘘がばれたという話に基づくとされている。



1216
見上げれば
新緑透かす
空の色
【まどか】



















自分自身

金儲けの上手い人は、
無一文になっても自分自身という財産を持っている。


アラン


0427
雲ちぎり
春の光が
降り注ぐ
【まどか】
















上機嫌

本当を言えば、上機嫌など存在しないのだ。
気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。
だから、幸福とはすべて、意志と自己克服によるものである。

アラン



0426
緑の葉
せっせと伸ばす
夏の枝
【まどか】













幸福論

いまフランスは大統領選で揺れ動いている。
そのフランスで幸福についての名言を残したエミール=オーギュスト・シャルティエ。
彼はアランというペンネームで幸福論を数多く残した。
フランスという国はどこへ向かうのであろうか?


幸せだから笑っているのではない。笑うから幸せなのだ。


エミール=オーギュスト・シャルティエ(Wikipedia)
0425
桜の道
新緑見える
空の色
【まどか】














変わる

誰かのお役にたてればという思いで
具体的に一歩動くと、
人間は変わる。




0424
隙間から
覗く空に
春の朝
【まどか】





















最初は下手くそ

習い事を始めた頃は誰だって下手くそ。
しかし下手くそな頃は人に見られると恥ずかしいから、隠れて練習などする。
だが、「ある程度見られるようになって披露するのがカッコイイ」などと思っている人が大成した例はない。

まだ未熟で下手くそな時からベテランの人に混じって、馬鹿にされ、笑われて、それでも頑張っていれば特別な才能がなくても上達できる。
何故ならば、道を外したり我流に走ることもない。
そのまま練習し続ければ、馬鹿にしていた人々を超えて達人になっていく。
さらに、人間的に成長もするし、周囲の尊敬も得られるであろう。

今は天下を取った名人でも、最初は笑われ馬鹿にされた時がある。
そのような人からの習い事は、道は正しく、コツコツと道を誤らなければ、多くの人がその教えを授かることが出来るようになる。
どんな世界でも、同じである。


【徒然草 150段】
能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。


700年近い昔から人間の本質は変わっていない。

0421
曇り空
もくもく泳ぐ
雨の後
【まどか】


























ヘタは下手なりに

文字は下手だが、遠慮せずどんどん書き散らかしたら良い。
しかし、文字が上手くないからといって、人に代筆させてまでするは見苦しい。


徒然草 35段
手のわろき人の、はばからず、文書き散らすは、よし。
見ぐるしとて、人に書かするは、うるさし。


0420
雲の中
桜雨貯める
雨の匂い
【まどか】

















時の流れ

逝(ゆ)く者は斯(かく)の如きか。
昼夜を舎(お)かず。

論語:子罕第九


あるとき孔子が川の側にたたずんで、水の流れを見ながら言った言葉である。

「ああ、過ぎていくものはこういうものか、
 昼夜をおかず休まずに流れていくな」と。



0419
キラキラと
光る木々に
宿る春
【まどか】

















自分を知らない

自分のことなのに、自分では気がついていないことが多い。

一流のスポーツ選手には一流のコーチがいることが多く、一流のアーティストには一流のプロデューサーがいることが多い。
もちろん経営者も同じで、本田宗一郎には名参謀:藤沢武夫がいたし、SONYの井深大にも、盛田昭夫がいた。


どんなに優れた技能を持っていたとしても、自分自身のことは自分ではよくわからない。
他人と比較しての相対的な評価はできるでしょうが、絶対値としてどうなのかはいまいち判別しようがない。

相応の結果を残す人というのは、自分自身の問題点を客観的な視点で考える癖を持っている。
また、どうすればもっと良くなるかを共に考え、答えへ導いてくれるパートナーがいる。

つまり組織には、自分自身を客観的に見る能力か、若しくは物事を俯瞰して一緒に考えてくれるパートナーが必要なのだ。




4018
桜の道
花びら敷いて
春の色
【まどか】





















恕(じょ)

子貢が尋ねた。
「一言で生涯行っていくべき大切なことがありましょうか」

先師が答えられた。
「それは恕かなぁ。自分にそうされたくないことは、人におしつけないことだ」



子貢問うて曰わく、
一言にして以て身を終うるまで 之を行うべき者有りや。

子曰わく、其れ恕か。
己の欲せざる所、人に施す勿(なか)れ。



恕:デジタル大辞泉の解説

0417
春色に
染める風
朝の香り
【まどか】


















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ