今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

準備

散歩のついでに富士山には登れない。
日本一の山に登るなら、それなりの準備が必要なのだ。

然しながら、富士山に登る装備ではエベレストには登れない。





0920



曇り空蓋する空に秋の風
【まどか】
























勉強

勉強は、続ける気力と体力。

それに付け加えるならば、周りの評価に翻弄されない心の工夫。





0919




光さす朝の光にススキの影
【まどか】











ひとの意見

「巻き・テリの良い真珠はないかな?」と尋ねると、この海の状態だと何処も無理だろう。と返事が来る。
諦めずに、違う人に聞いても、うちでは採れない、との返事が返ってくる。
「そんなのどこも無理だよ、今は真珠貝が育たないんだもの」と。
情報通の同業者に尋ねても「そんな真珠があったら自分で買うよ」と付け加えられる。

それは「事実」でごくごく常識的な答えに思えるが、本当は違うかもしれない。
答えた人が「ない」と思っているだけの話。

本当に良いものは絶対にある。
あるけども、その人が知らないだけ。

そのように答えるのは、その人が情報を持っていないだけの話で、
それは答えた人の話であって事実ではない。
探せばあるかもしれない。

何が事実で、何がその人の意見なのか。それを見極められる人にならなくては駄目だ。
それが情報化社会で正しく生き抜く道だと考える。




0918



青空を秋雲泳ぐ朝の色
【まどか】













競争

みんなが、駄目だというから成功する。
みんなが、良いとか、やりなさいと言ったら、成功はおぼつかない。

何故か?
それだけ競争が多いからだ。






0916


秋風が服を撫でる朝の道
【まどか】





















感謝

自分が授かった恩恵について、感謝しよう。

台風や地震が生じた時に、自分の環境を見回すと感謝しかない。
生きているだけで丸儲け。

毎日少しでも、本当に寝る前のちょっとした時間でも、必ず時間を取って
自分が授かった恩恵に感謝する習慣を身につけよう。

昔はどこのお家にも、神棚や仏壇があった。
毎日、灯明や水、お供え物をして感謝の意を示していた。
だからどんなに貧しくても、ウチは幸せだと言い切る家庭が多かった。

今日自分が行ったこと以上に、明日も人のために役立つことを行うと誓い、
そのための優れた英知を授かるよう願いましょう。




0913
















書く

島田紳助の吉本NSC講義ビデオがある。
その中で印象的だったのが、紙に書き出す作業。

「自分がオモロイと思う海原千里万里をテープに録って、紙に書いて何回も見て気づいた。
何でオモロイのか。何回聴いてもダメよ。書き出して、何回も見るんや」

私も講演や講義に参加する際は、ノートとペンを持参して必死で書き出す。
が、文字起こしはツライ。
小学生でもできることだが、今や副業定番の一つ。しかも安い。
だからある程度の地位に昇格すると、自分で書くという作業をしない。

講演でも漫才でも演劇でも、ライブの衝撃は凄い。
迫力満点の歌舞伎だってDVDの映像で観たら色気もそっけもない。

「自分がオモロイと思う海原千里万里をテープに録って、紙に書いて何回も見て気づいた。
何でオモロイのか。何回聴いてもダメよ。書き出して、何回も見るんや」
その瞬間・瞬間を書き留めることによって、自分の中に落とし込むというか蓄積させる。

音声テープが現れて、ビデオテープができ、DVDの円盤がうまれて、いまやネット環境があればYouTubeなどで、見たいときに再現できる。

それぞれの時代で、便利なものが出現するが「基本」は変わっていない。
本気で学ぼうとするならば、不便で非効率が一番良い。そのような気がする。




0912



ふわふわと残暑を仰ぐ萩の花
【まどか】






















弱気

人間の強さは、人間の弱さから生まれる。
苦しめられ傷つけられ、ひどく痛めつけられることで、
初めて隠れていた大きな力を伴った憤りが目を覚ますのだ。


風に戸惑う弱気な僕♪
TSUNAMI




0911



秋の声夏の日差しに負けず鳴く
【まどか】










仕事ごっこ

「会議」「会議」「会議」
「印刷して配布」
「メール送ったら電話で確認」
「取りあえず打ち合わせ」
「飲みにケーションでモチベーション向上」
「とにかく合い見積もり・コンペ」
「管理職ごっこ」
「メール添付で圧縮してパスワードつけて、パスワードは別送」

止めたら、もっと楽に仕事ができるのではないか?


0910

青空に雲を並べて秋を待つ
【まどか】










メンテナンス

先週、愛車の車検を受けた。
車は悪いところを直して検査を受ける。
そこで承認を得てから、公道を走れるようになる。

人間の悪い習慣はどのように治せばよいのだろうか?
また誰がチェックをしてくれるだろうか?

師と呼べるものが居ればよいが、基本誰もいないのが当然だ。
すべて自分自身で行わなければならない。
むかしから読み継がれている書を読み解き、自分で直していくしかない。
人生という道中で、致命的な事故を起こさないように自分でのメンテナンスが必要だ。





0909



秋萩に夏の終わりが揺れる朝
【まどか】













不審花開今日春(いぶかし はなひらく こんにちのはる)

大徳寺・大仙院の古渓宗陳(こけいそうちん)和尚が、
利休さんから建てた茶室の名前の相談を受けた時に送った言葉。

不審とは、いぶかしく思う心、不思議だなぁ……と思う心なわけですが、
花が一輪開くのを見て、生命の、大自然への畏敬の念を持つ心、今という時を大切に思う心、その心を尊いなぁと思います。

しょせん人間のわかる事なんぞ微々たるもの、おごってはあきまへんな。みたいに京都弁で言うたんやろか。


「不審菴」とは、利休が営んだ茶室の名で、利休の次男の少庵,少庵の長男の宗旦,宗旦の3男の江岑 (こうしん) 宗左によって受継がれ,利休好みの草庵茶席の代表とされる茶室。
「今日庵」とは、宗旦が不審菴を江岑宗左に譲り隠居所として建てた茶室です。
これに、利休の孫宗旦の次男一翁宗守が建てた京都武者小路西洞院の茶席「官休庵」がある。

それぞれが、表千家、裏千家、武者小路千家の流儀の別名となっている。





0906















過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍